戦略

MT4のロット計算ツール、ミニターミナルの使い方

https://gyakuehu.com

どうも。

FXを楽にするツール研究家のヒロセです。

 

FXといえば、ポジションを建てて決済するだけの簡単なトレードと思われがちですが、

意外とやることは多いものです。

 

特に裁量トレードでは、

・チャートに張り付かないで済むよう予約注文

エントリー時、損切りと利確を同時に発注

・毎回のトレードの資金管理

など、リアルタイムでレートが変動していく中で様々な判断を迫られます。

 

注文機能が多彩になればなるほど、入力項目が増えます。

その上で、

毎度変わる損切り幅に応じた、発注ロットの計算もやらなくてはいけません。

 

しかも、そんなことをしている間もレートはどんどん変わっていってしまいます。

 

どないやの!

ってなってしまいますよね・・(;´・ω・)

 

イラつくイメージ

 

ポイント

注文の手間を減らしたい

決めたリスクでロットを自動計算できないか

何かいいツールがあれば知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、MT4に組み込んで使えるミニターミナルの便利な使い方を解説します。

 

ミニターミナルでできることのうち、特に有効なのが、

最大リスクに対しての自動計算機能です。

 

この機能を使用することで、毎回の資金管理が超簡単になります。

トレードのたびに電卓でシコシコ計算していた手間がなくなりますよ!d(´ω`*)

 

ヒロセ
今回はミニターミナルの使い方です
普通のMT4じゃできないことができるんだよね
まりりん

ヒロセ
特に便利なのが資金管理が簡単になることです
リスクに応じたロットを自動計算してくれるんだよね
まりりん

ヒロセ
物分かりが良すぎて怖いんだけど・・

MT4のロット計算ツール

裁量トレードだと、トレードのたびに損切り幅が違うことが普通です。

 

ということは、

1回の損切り額や%に合ったロット計算を、

トレードのたびにやらなくてはいけない

ってことになります。

 

もしくは、まず最大リスクに達しない、

明らかに少ないロットで発注する

とかですね。

 

ロットが少なければ、リスクも小さいですがリターンも小さくなります。

 

無駄のないトレードをするためには、

毎回、キチンと資金管理をすることが望ましいですよね。

 

ところが、コレが面倒くさい・・

面倒なばっかりにやらなくなっても困ります。

 

そこで便利なツールです!d(´ω`*)

 

MT4にミニターミナルを導入すれば、

MT4の標準ではできなかった便利操作がいろいろできちゃいますよ!

 

ミニターミナルでできることはこんな感じ。

・ワンクリック注文でOCO決済を同時発注

・新規OCO注文

・ライン決済

・最大リスクに対してのロット自動計算

 

繰り返しになりますが、特に有効な機能が、

最大リスクに対してのロット自動計算です。

 

この記事では、この機能に特化して解説をしていきます。

 

ミニターミナルの使い方はこちら。

 

注意ポイント

ミニターミナルはEA型のプログラムなので自動売買ができる口座が前提です。

FXTFの新規口座や、OANDA Japan の東京サーバーコースなどでは使用できません。

 

 

まりりん
ヒロセは便利ツール大好物です

なぜ資金管理が大切なのか

少し脱線しますが、大事なことなので言っておきます。

 

なぜ資金管理が大切なのか?

 

なぜならば、

資金を減らす程、復活が難しくなる

からです。

 

例えば、資金が10万円だったとします。

 

1回負けて2%の資金を失いました。

すると、残金は9万8千円です。

 

9万8千円を10万円に復活させるのは割と簡単ですよね。(*´ω`*)

 

ところが、20%の資金を失って、

残金8万円になったとします。

8万円を10万円にするには25%利回りが必要です。

 

50%の資金を失って、残金5万円になったとします。

5万円を10万円に復活させるためには、100%の利回りが必要です。

 

このように資金を失うほど、

復活するのが加速度的に難しく

なっていきます。

 

だからこそ、1回のトレードにつき、

資金に対しての最大リスクを2%程度に抑える

ことが大切です。

 

そのために必要なのが、

損切り幅に対しての保有ロット計算

ってワケです。

 

毎回のトレードでロット計算をする重要性が理解できたでしょうか?

 

まりりん
どうせやらなきゃダメなら簡単な方がいいよね

ミニターミナルの使い方

ミニターミナルはMT4に組み込まないと使用できません。

そのため、

・FX会社からダウンロード

・MT4へのインストール

・チャートへの適用

といった手順が必要です。

 

まりりん
いつものアレか・・

ダウンロードとインストール

今回はFXTFのミニターミナルダウンロードページからダウンロードを行います。

ダウンロードページ

注意事項に同意の上で、

ダウンロードをクリック。

ダウンロード先

セットアップファイルを適当なところへ保存して、インストーラーの指示に従いインストールしてください。

 

インストーラーはスクショできませんでしたので、

詳しくは、ダウンロードページを参照してください。

 

インストーラーに従ってインストールすれば、通常のEA導入のような、

データフォルダでのファイル移動は必要ありません。

 

※FXTFのミニターミナルは他の会社の口座には使用できません。

 

まりりん
ドキドキするファイル移動はいらないんだね!

チャートへの適用

インストールが成功したら、チャートへ適用します。

チャートへ適用

ナビゲーターのエキスパートアドバイザ欄にミニターミナルが入っています。

適用させたいチャートを表示させてドラッグ&ドロップ

設定

設定画面が開くので、

『自動売買を許可する』『DLLの使用を許可する』

にチェックが入っていることを確認してOKをクリック。

 

コレでチャート上にミニターミナルが表示されます。

 

まりりん
ダブルクリックでもOK

ロットサイズ、決済幅自動計算方法

ミニターミナル表示

ミニターミナルには様々な便利機能が備わっています。

ここでは資金管理方法をメインに解説を行います。

 

資金管理に関係する項目は4つ。

・ロット:ポジションサイズ

・S/L:ストップロス、損切り

・T/S:トレーリングストップ、決済トレール

・T/P:テイクプロフィット、利確

※決済単位はpips

 

それぞれの項目については、数値右の電卓マークから設定ができます。

 

損切り幅が決まっている場合のロット計算

新規発注する場合、チャートから損切り幅を設定することが多いと思われるので、

この使い方がメインになるでしょう。

 

チャートから損切り幅を測る方法は、十字カーソルを使用する方法が便利です。

十字カーソル

ツールバー下段の十字カーソルをクリック。

損切り幅決定

エントリーレートをクリックして、損切りラインまでドラッグすると、

このような表示が出ます。

 

左から、

足本数/ポイント/レート

です。

500ポイント=50pipsになります。

 

チャートから損切り幅がわかれば、

ミニターミナルのロット設定①をクリック

ロット計算

こちらでストップロスpipsを入力し、

・想定損失額:円

・有効証拠金:有効証拠金に対しての損失%

・残高:残高に対しての損失%

どれかを入力します。

 

※有効証拠金=残高+含み損益

ロット算出

ここでは計算条件として、

・ストップロスを『50』

・有効証拠金の損失%を『2』

と入力しました。

 

有効証拠金302,203円に対しての2%、

6,044.06円が想定損失額となり、

ロットは0.12(1.2万通貨)と算出されました。

 

ロットを設定をクリックすると、

ミニターミナルに設定が反映されます。

 

ロットが決まっている場合の損切り幅計算

ストップロス計算

建てるロットが決まっている場合、

ミニターミナルでロットを入力してから、ストップロス設定②をクリック。

ストップロス算出

計算条件を入力すると、ストップロスまでのpipsが自動計算されます。

 

決済トレールを使用する場合

決済トレール

計算条件入力はストップロスと同様です。

こちらは建値からの逆行ではなく、現レートからの逆行になります。

 

ロットが決まっている場合の利確幅計算

利確幅計算

ミニターミナルでロットを入力してから、テイクプロフィット設定④をクリック。

利確幅算出

想定損失を2%としたので、想定利益は有効証拠金の3%とします。

保有ロットで有効証拠金の3%の利益に相当する利確幅が瞬時に算出されます。

 

T/Pを設定でミニターミナルに反映されます。

 

まりりん
これで電卓から解放されます

ミニターミナルからの発注方法

設定完了

設定がミニターミナルに全て反映されました。

計算条件

・想定損失:有効証拠金の2%

・想定利益:有効証拠金の3%

に対して、

注文内容

・ロット:0.12

・S/L:50

・T/P:75.6

となりました。

 

ミニターミナルで設定した注文を直接発注するには、新規注文をクリック。

ミニターミナルからの発注

ミニターミナルの右側、黄色いボタンが新規注文ボタンです。

クリックすると、新規注文ページが開きます。

 

注文種類は、

・成行買い

・成行売り

・指値買い

・指値売り

・OCO指値

・OCO逆指値

の6種類から選択できます。

 

注文確定で発注。

テンプレートの保存でいつでも呼び出せるテンプレートとして設定を保存できます。

 

まりりん
便利ですよね~

まとめ

お疲れさまでした。

この記事では、MT4に組み込んで使えるミニターミナルの便利な使い方を解説しました。

 

どうですか?

この便利さがわかっていただけるでしょうか?

 

ミニターミナルを使う事でトレードごとのロット計算から解放されます。

 

資金管理をしっかりと行うことで、

あっという間に資金が無くなってしまう

なんて事態は避けられるでしょう。

 

つまり、

少しの資金で長く経験を積んでいける

ということです。

 

資金がなくなれば、FXを続けることはできません。

FXをやめてしまえば、FXで儲けることはできません。

 

資金管理の方法を理解し、

ツールで簡単に行った上で、

予約注文を駆使してルールを守って運用すれば、

退場することの方が難しいのではないでしょうか?(;^ω^)

 

それではまた。

資金を守りながらトレードを繰り返していけば、いつかきっとFXで儲けられるようになります。

自信を持って頑張ってください。

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-戦略

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5