戦略

トライオートFXの自動売買セレクトは本物か?|バックテストで検証

https://gyakuehu.com

どうも。

TDSに課金して以来、何かしらバックテストしてないと損した気になる貧乏性ヒロセです。

 

FX自動売買の一種として『リピート系』といわれるものがあり、今では揺るぎない地位を築いています。

私も少し前まで、リピートを手動で行う手動トラリピを5年以上に渡り運用していました。

 

最近では便利になったもので、

あらかじめ設定されたロジックを選択するだけ

という商品もどんどん開発されています。

 

そのような設定されたロジックには、バックテスト結果が公開されているものもあります。

 

ただし、EAでもよく言われていることですが、

バックテスト結果とリアル運用結果が全く違う

という場合があります。

 

バックテスト結果が信用できなければ、そのロジックも信用できないですよね・・

 

イチャモンイメージ

 

ポイント

リピート系のバックテストって信用できるの?

手数料とかスプレッドはどうなってるの?

詳細なテストとの比較が知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、トライオート で使用できる自動売買セレクトのバックテストを検証します。

 

自動売買セレクトでは、過去数年間のバックテスト結果が公開されています。

その設定で、TDSを使用してリアルと同じ条件でのバックテストを行い、結果を比較してみようって企画です。

 

結論から申し上げますと、全く問題はありませんでした。

トライオートが公開しているバックテスト結果は信用できると断言できます。

 

これからTDSでの補正の様子と、テスト結果の比較を公開します。

ぜひ、納得の上で上手に自動売買セレクトを利用していただきたいと思います。

 

ヒロセ
今回は自動売買セレクトの検証です
TDSをリピート系のバックテストに使ったのね!
まりりん

ヒロセ
せっかく課金してるし活用しないとね
手数料とか入ってなかったら困るもんね・・
まりりん

ヒロセ
その辺は全く心配いりませんでした!

トライオートFXの自動売買セレクト

自動売買セレクトとは、あらかじめ用意された設定を選んで『奨励証拠金』で運用するだけってものです。

『自動売買をしたいけど、事前に設定を考えるのも面倒くさい』

なんて人にはピッタリですね!d(´ω`*)

 

今回はその中でも、最も収益率が高いロジックをバックテストしてみます。

そのロジックはこちら。

最良ロジック

参照:トライオート 自動売買セレクト

なにが書いてあるのかというと次のような感じ。

 

損益グラフ内容

『ハーフ_ユーロ円/ポンド』をカートに入れて、1,374,910円で運用すれば、2018年1月1日~2021年2月5日の間に1,956,360円儲かる試算結果

 

つまり、137万円を2年ちょっと運用したら、340万円以上になるってことです。

年利にすれば約70%ですよ!

ホンマかいなって思いますよね・・(;^ω^)

 

もしかして、スプレッドスワップポイントも手数料も何も入っていないんじゃないの?

などと疑ってしまいました。

 

というワケで、そこらのリンクをクリックしまくったところ、このような注意事項を発見しましたよ。

注意事項

参照:自動売買セレクト、注意事項

なんと、スプレッドその他を加味したバックテストのようです。

じゃ、せっかくだしってんで、TDSで補正して同じ期間のバックテストをしてみました。

 

まりりん
ヒロセ、テスト結果疑うw

注文設定

設定は、詳細を見る>注文設定で確認できます。

その結果、設定は次の通りです。

 

運用設定

・通貨ペア:EURGBP

・運用期間:2018年1月1日~2021年2月5日

想定レンジ:買い0.813~0.877、売り0.879~0.943

トラップ幅:20pips(利確幅と共通)

・通貨量:1ポジションあたり0.5万通貨

 

つまり、簡単にいえば、

EURGBPのレートが0.813~0.943の間を移動している限り、20pips変動ごとに利確を繰り返す

って設定ですね。

 

想定レンジと運用期間のチャートは次のようになります。

想定レンジ

赤い範囲にレートがあれば買、青い範囲にレートがあれば売です。

 

まりりん
一部飛び出しちゃってるけど大丈夫なの?

補正データ

バックテストを行うにあたって、

・マークアップ手数料

・スプレッド

・スワップポイント

をリアルトレードに近い値に補正しなくてはいけません。

※あくまでも補正なのでリアルとは違います。

 

各補正データを公式HPから集めてみました。

手数料

スプレッド

スワップ

参照:トライオート 公式HP

これらの情報をまとめるとこのようになります。

・マークアップ手数料:1万通貨未満片道2.0pips

・スプレッド:1.9pips

・スワップポイント:売0.1ポンド、買‐0.3ポンド(1万通貨あたり)

 

まりりん
スプレッドの他に手数料が要るのね・・

テスト設定と補正値入力

運用設定と補正データが揃ったので、バックテストが可能になりました。

MT4を起動し、ストラテジーテスターにリピート系のEAである『千刻』をセットします。

続いて、自動売買セレクト『ハーフ_ユーロ円/ポンド』と同様の設定を入力していきます。

 

ストラテジーテスター設定

ストラテジーテスター1

・エキスアートアドバイザ:千刻

・通貨ペア:EURGBP

・モデル:全ティック

・期間指定:2018.01.01~2021.02.05

ストラテジーテスター2

・ティックデータを使う:チェック

・期間:M1

・スプレッド:変動

※ティックデータはTDS固有の設定です。

 

エキスパート設定

エキスパート設定1

・初期証拠金:1,374,910円

パラメータ

・想定レンジ:買い0.813~0.877、売り0.879~0.943

・トラップ幅:20pips(利確幅と共通)

・通貨量:1ポジションあたり0.5万通貨

・トラップ本数:各33本(想定レンジ÷トラップ幅+1)

 

補正値入力

次にマークアップ手数料、スプレッド、スワップポイントを補正します。

補正はストラテジーテスターの『ティックデータ設定』から行います。

マークアップ手数料

・手数料:往復40ポイント(片道2.0pips)

 

ヒストリカルデータのスプレッドは『デューカスコピー社』の数値が適用されています。

ヒストリカルデータスプレッド

スプレッドレコーダーで記録していなかったので、デューカスコピーのリアルスプレッドをベースに補正を行います。

スプレッドを表示させしばらく観察していると、平均9ポイントあたりのようです。

トライオートのEURGBPのスプレッドは1.9pips(19ポイント)だったので、差を加算します。

スプレッド加算値

・スプレッド加算:10ポイント

スワップ補正

・買いスワップ:‐3

・売りスワップ:1

※1ロット、10万通貨あたり

 

これで全ての準備が整いました。

 

まりりん
ふぅ・・疲れた・・準備したのはヒロセだけど

バックテスト比較

補正後テスト

テストグラフ

トライオートテスト

TDSで補正したバックテストと、トライオートのバックテストがほぼ一致することがわかりますね。d(´ω`*)

グラフの形が違うのは、MT4のバックテストでは時間の概念が省略されているからです。

 

ちなみに、トライオートの損益グラフで赤丸のところは、売りゾーンと買いゾーンの境目にレートが差し掛かった場合で、

この地点で運用をやめれば、全戦全勝含み損なしでトレードを終えることができます。

 

逆に、青矢印のように含み損が膨らみ『0』を割ると元本割れとなります。

 

今回の設定でいい成績なのは、現在レートが含み損がない地点だからです。

含み損が多い場面であれば、この収益率はなかったでしょう。

コレは完全にタイミングの問題です。

 

まりりん
リピート系は基本的に損切りしないからタイミングが大事

まとめ

お疲れさまでした。

この記事では、トライオート で使用できる自動売買セレクトのバックテストを検証しました。

 

リピート系のバックテストは、レートが一定範囲を越えないことを想定して行う、いわば後出しじゃんけんのようなもので、

いわゆる損切りを伴ったテストではありません。

 

しかし、今回検証したバックテストは、

少なくともリアルより見栄えのいいバックテスト結果で、お客を騙していないことがわかりますよね。d(´ω`*)

ここまでリアル同様に補正を行ったバックテストが同様の結果となったワケですから、トライオートのバックテストは信用できます。

 

以前、コアレンジャーの検証をしたときも思ったことですが、トライオートの自動売買セレクトはよく考えられていると思います。

 

 

特に、『ハーフ』というロジックの場合は売りと買いの中間地点で含み損がなくなります。

この境目を頻繁に通る通貨ペアを選べば、勝率100%で逃げ切ることも可能です。

トラリピでいうところのハーフ&ハーフです。

 

多分に運任せではありますが、これもリピート系のメリットの1つと言えるでしょう。

 

それではまた。

じっとタイミングを待てる人にとってはリピート系はストレスの少ないいい手法だと思いますよ~

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

常にFXでストレスなく勝つ方法を考え続けています。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-戦略

© 2021 逆転FX!! Powered by AFFINGER5