裁量トレード記録

裁量トレード記録|2021-04-07

2021年4月8日

シグナルトレード

https://gyakuehu.com

どうも。

EAの不調により、裁量トレードのやる気が上がって結果オーライのヒロセです。

 

以前の投稿でシグナルツールの使い方を見直した結果、

扱う通貨ペアを、EURJPY・GBPJPYの2つ

としたんですが、その後の検証でGBPJPYのみとなりました。

 

なぜならば、

ツールでのエントリーに、裁量の余地を大幅に入れることに加え、

EURJPYでコンスタントに20pipsを抜くのは、ボラティリティの面で不安があったからです。

 

従って、ここでのトレード記録もかなり簡素化されたものになるハズです。

簡素化に伴い、トレードの労力も減るものと考えられるので、デモ口座での裁量トレード練習の様子もこの場で記録していこうと思います。

 

シグナルインジケーターは、

トレード大全インジケータ v1

原理原則インジケーター

を使用しており、現在最低ロットで有効な使用方法を検証中です。

 

使用口座は、リアル・デモとも、FXTFを使用します。

理由は、MT4が使用できてスプレッドが最狭レベルである国内口座である為です。

 

コレまで運用していた【GEMFOREX】【XM】でのEAはひとまず停止しています。

 

※原理原則インジケーターの検証はこちら。

※原理原則インジケーターの導入方法はこちら。

 

まりりん
ヒロセ、ケツに火がついてマジになる!

裁量トレード

記事執筆時、エントリーはしていない状態なんですが、朝一でのチャート分析とシナリオをどういう風に考えているのが記録しておきます。

どうしても、独り言を記録しているようになってしまいますが・・(;^ω^)

前回までの裁量トレードに使用していたトレード大全のおまけインジケーターは、ごちゃついて見にくかったのでSMAのみを表示させています。

 

4時間足

H4

全体的に上昇トレンドだが、直近で約380pips,250pipsの大きな下落が起こっている。

さらに大きな目線で見るとかなりの高値圏に位置しており、あまり買いたくない印象・・

最後の上昇にフィボナッチリトレースメントをひくと、現在レートは61.8下落まで届かずに50あたりで推移している。

トレンド後半のラインは明確に割っている状態。

 

1時間足

H1

1時間足に拡大してみると、現在レートはちょうどフィボ50あたり。

50付近に前回下落中の戻り目、61.8付近に支えられたポイント3点あり。

50から61.8と38.2までのレート差は約57pipsで、売買どちら方向でも20程度なら取れそう。

売るなら明確な戻り目、買うなら明確な押し目を待ちたい。

61.8と38.2間の動きに注目。

できるなら38.2あたりまでの戻り目から売りたい。

 

5分足

M5

5分足直近の下落の戻り高値から安値までのフィボナッチリトレースメントをひいてみる。

直近安値から、エリオット波動的な動きで5波まで上昇しフィボ50で止められているように見える。

フィボ50から直近安値まで約30pipsだが、売るにはボラが低いか・・

売るにはもう少し明確な戻り目を待ちたい。

結論:様子見

 

まりりん
ヒロセ迷う・・

シグナルトレード

トレード結果

シグナルトレード

売シグナルが確定した時点で、安値売は回避できそうだったので、即売。

その後、10pips以上上昇してヤキモキさせられたもののエントリーレベルを割ってから下落に勢いがつき無事利確。

 

CSV

・獲得pips:19.6

・獲得額(円):196

・総獲得pips:39.3

※エントリー方法見直し後からのデータ

 

トレード回数 勝敗 勝率
GBPJPY 12 12勝0敗 100

※ツール使用開始からの累積

 

トレード後の推移

トレードで1日の目標、約20pips取ったのでパソコンの音声をミュートしてトレードはせずにいましたが、今後のためその後のレート推移を記録しておきます。

その後

決済後、さらに下落してから反転上昇。

上昇中はエリオット波動的な動きで5波まで上昇後下落。

その後、上方向に3度トライするも抜けきらず下落。

 

こうして見ると、売シグナルは絶妙なところに出てますよね。

時間的にも夕方から夜にかけての時間帯です。

これならアラートが聞こえていたら自信をもってエントリーできたかもしれません。(*´ω`*)

ま、皮算用ともいいますが・・(;^ω^)

振り返り大事ってことで。

 

まりりん
後付けを繰り返すとリアルでもできるようになる!って偉い人が言ってたw

まとめ

お疲れさまでした。

裁量の指標を以前とはだいぶ変えて、フィボナッチやエリオット波動を取り入れるようにしてみました。

まだまだ、確固たる自信を持ってチャート分析をしてるワケではありませんが、とにかく説得力のありそうな理由を考えて記録していきます。

 

結果が出るようになってくれば、チャート分析の方法も徐々に固まってくると思ってます。

今は、いい加減なエントリーはせずに根拠をしっかり固めながら続けるしかありませんね。

 

続けていれば必ずできるという話ではないと思いますが、

こういった過程をすっ飛ばしては絶対に勝てるようにはならないことだけはハッキリとわかります。

 

練習無くして上達なし!

 

ってワケです。(*´ω`*)

当たり前ですよね。

 

それではまた!

しばらくは自動売買はお休みして、裁量トレードの練習にハゲみたいと思います。

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

常にFXでストレスなく勝つ方法を考え続けています。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-裁量トレード記録

© 2021 逆転FX!! Powered by AFFINGER5