考え方

FXは損小利大が大事!|勝率とリスクリワードから考える

アイキャッチ

https://gyakuehu.com

どうも。

勝率にこだわる男、ヒロセです。

 

『FXは損小利大が大事だぁ!』

なーんて、

少しでもFXのことを調べたことがある人なら、見たことがあるんじゃないでしょうか?

 

じゃ、

『損小利大ってどういうこと?』

って聞かれたらあなたならどう答えますか?

 

ポイント

損小利大はわかっているけどうまくいかない

そもそもなんで損小利大なの?

うまくいく方法があれば知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、損小利大ってどうなのよってところを解説しています。

 

結論を言ってしまうと、

『ほとんどの人が思っている損小利大』

なんてそれほど大事ではありません。

 

『何言ってんの?』

って思いました?

思いましたよね。

 

お伝えしたいのは、損小利大にこだわるあまり、

大事な本質を見落としてしまっては意味がない

ってことです。

 

これから損小利大の大事な本質をお話します。

本質ってのはどれも聞いてしまえば当たり前の事です。

 

でも自分1人ではなかなか気付かないもんなんですよ。

不思議ですよね~(;´・ω・)ナンデ?

 

ヒロセ
今日は損小利大のお話ですよ
それ知ってる!損切りは素早く、利益はできるだけ伸ばすってヤツね!
まりりん

ヒロセ
知ってるのとできるのは別だからね!
ええ、できませんよ。だから?
まりりん

ヒロセ
ど、どうもすみませんでしたぁ!!!

FXは損小利大が大事

FXで儲けるために絶対に欠かせない考え方が、

『損小利大』

ですよね。

 

くどいようですが、さらに詳しく説明しますね。

損小利大ってのは、

損失を小さく、利益を大きく

することです。

 

つまり、こうです。

損失<利益

こうならないとFXで儲けることはできません。

当たり前ですよね。

 

まりりん
コレがわからない人はFXをしちゃダメです

損小利大の勘違い

ところが、ほとんどの人が損小利大を勘違いしています。

 

どんな風に勘違いをしているのか?

こんな感じ。

 

損小利大の勘違い

・思ってた方向と逆行した時には素早く損切りする

・利益が出た場合、とことんまで伸ばす

 

ちょっと図解にしてみましょうか。

損小利大の勘違い

損小利大

こんな感じ。

 

これを実行するのは簡単です。

成行で建てたポジションに対して、

・10pips下がったら損切りの逆指値

・100pips上がったら利確の指値

OCO注文を入れておくだけです。

 

これで損小利大だぜ!やったね♪d(´ω`*)

 

しかし、この場合次のようなことが起こりやすくなります。

素早い損切りの失敗例

損切り失敗

 

利益を伸ばす失敗例

利確失敗

 

損小利大を目指せば目指す程、

こういった失敗が起こりやすく

なります。

 

FXの失敗ってのは『負けること』です。

つまり、

損小利大なほど、勝率は下がる

ってことです。

 

あれ?おかしいですよね?

損小利大はFXで勝つために大事

なことじゃなかったんでしょうか?

 

なぜこうなるのか?

それは、

損小利大=リスクリワードレシオが大きいこと

だと考えているからです。

 

これこそが、損小利大にこだわって損をする人の勘違いです。

 

まりりん
え?違うの?

リスクリワードと勝率の関係

リスクは損失

リワードは利益

です。

※余談ですが、リスクリワードってわかりにくいですよね・・リスクリターンじゃダメなのっていつも思います。

 

リスクリワードレシオとは損失に対する利益の割合で『利益÷損失』で表されます。

ペイオフレシオ、損益率とも言われますね。

 

リスクリワードレシオと勝率は相反する関係にあります。

勝率を上げようとするとリスクリワードレシオは下がり、

リスクリワードレシオを上げようとすると勝率は下がります。

 

こんな感じ。

破産確率表

※画面スペースの都合上『損益率』と表現しています。

 

危険域と安全域を分ける境界線上の、どの位置なのかは手法により変わります。

ただ、少しでも安全域に入れるようにしなければ、利益はあがりません。

当然、リスクリワードレシオ『だけ』で最終的な利益はわかりませんよね。

 

ちょっと次の2つの例でどちらが儲かるのか考えてみてください。

 

損小利大例

損切り:1回1万円

利確:1回2万円

勝率:20%

 

損大利小例

損切り:1回2万円

利確:1回1万円

勝率:70%

 

この場合、損大利小の方が利益が出ますよね?

ここでの損小利大のトレードは繰り返せば繰り返す程、損をします。

 

FXの目的は、

最終的に利益を出す

ことです。

 

リスクリワードはFXで利益を出すための『条件の1つ』に過ぎません。

 

損小利大=リスクリワードレシオが大きい

と勘違いして、そこにこだわり過ぎる

最終的な利益が得られなくなる

可能性があります。

 

参考までに、書いておくと、バックテストではリスクリワードレシオが小さい方がいい結果が出ています。

ま、バックテストですし条件は固定なので、あくまでも参考程度に考えておいてください。

 

 

まりりん
損切りばかりしてると勝率が下がるってことね・・

コツコツドカンとドカンコツコツはどっちがいいのか?

例えば、こんな話を聞いたことはあるでしょうか。

 

・コツコツ儲けていてもドカンと損失を食らうのはダメ

・コツコツと損切りをしてチャンスと見るやドカンと儲けろ

 

特に、

トラリピなんて典型的なコツコツドカンだろ』

なんてバカにする人もいますよね。

 

私は手動トラリピで利益を得ていますが、確かに

想定を外れた場合の損切り額

は、利確1回の額とは比べ物にならないくらい高額になります。

 

なぜならば、

1万円の利益を狙っていたポジション含み損が10万円を超える

なんてこともなんて普通にあるからです。

 

リスクリワードレシオでは、下手すると頭に0が2桁つく位の、

超損大利小ってことになります。

 

しかし、私は破産などはしてません。

なんでって勝率が異常に高いから。

 

これが、

リスクリワードだけでも勝率だけでも最終利益はわからない

といった理由です。

 

じゃ、

コツコツドカン型とドカンコツコツ型のどちらがいいのか?

って話ですよね。

答えはこうです。

 

結論

利益が出るならなんでもいい

 

例えば勝ち負けのパターンに分けてみるとこんな感じ。

 

勝つパターン

・100回コツコツと100万円勝って、1回ドカンと70万円負ける

・小さな損切りを繰り返して‐70万円になったが、トレンドに乗って100万円儲ける

 

負けるパターン

・100万円から100回コツコツと勝ち、1000万円になったが、ロスカットでほとんどを失う

・小さく損切りして‐50万円ほどになった頃、20万円一気に勝って大興奮

 

手法がどうの、損小利大がどうのといったところで、

勝てないならなんの意味もありません。

 

FXの本来の目的を果たすためには、

どうすればいいのか考える

事が必要です。

 

そのための1つの手段として、

『損切りを早めにする』

があるのならOKです。

 

その手段が有効に働いているのか確認して、

試行錯誤を繰り返せば

FXで儲けることができるハズです。

 

トラリピってなんぞ?って人はこちら。

さらに詳しくはこちら。

マネースクエア

 

まりりん
勝てば官軍ってヤツですね

損切りが目的ではない

早めの損切りが『目的』になってしまってはいけません。

 

諦めが早すぎると、スグに次のチャンスを探してしまいますよね。

そしてしっかりとした根拠もなしにエントリーしてしまうんじゃないですか?

 

そうして建てたポジションが逆行したら、またスグ損切りからの無駄なエントリー・・

 

トレードするたびにスプレッドという名の手数料もかかります。

もちろん時間もかかります。

ストレスも増えます。

 

それで儲かっていればいいんですよ。

でも、徐々に損していってませんか?

たまに勝っても損失の穴埋めできないんじゃないですか?

 

この繰り返しの行き着く先が損切り貧乏です。

 

早めの損切りこそ正義

なんていうのはウソです。

今すぐにやめてください。

 

まりりん
FXで儲けたいのか、損切りをしたいのかってことです

損小利大の本当の意味

大事なことなので繰り返します。

 

FXで勝つためには『損小利大』でなければいけません。

つまりこうです。

損失<利益

 

しかし、1回だけこうなって、

後の9回が、損失>利益じゃ意味がない

ですよね。

これが勝率の概念です。

※損失:利益の割合は同じとします。

 

勝率の概念なくして、

損失と利益の比率がー・・

なんていくら言ったところで無意味ってことです。

 

ですから、私は、

本当の損小利大を意味する言葉

としてこう提案します。

 

ポイント

損小利大=トータル損失<トータル利益

 

まりりん
トレード1回の損益率なんてどうでもいいんです

損小利大を達成するために

本当の意味での損小利大を伸ばしていくためには、

やはり、リスクリワードレシオ勝率を高めていかなければいけません。

しかし、両者には相反関係があります。

 

つまり、

どちらかを上げればとちらかが下がる

ってことです。

 

リスクリワードレシオは高い方がいいです。

➡ただし、勝率が下がらなければ。

 

勝率は高い方がいいです。

➡ただし、リスクリワードレシオが下がらなければ。

 

リスクリワードレシオもしくは勝率を高めるための工夫をしたとしても、

反対側がフラフラ動いてしまっては工夫の効果がわかりにくいですよね。

 

じゃ、どうするのか?

どちらかの数値を固定

してしまえばいいんです。

 

まりりん
成長が数字でわかるとやる気も出ますよ

勝率を固定する方法

勝率を100%に固定するには、損切りを一切しなければOKです。

 

例えば、

米ドル円の買いポジションを建てると仮定します。

 

資金とポジション量から、逆行した時のロスカットレートが計算できますよね。

ロスカットレートを計算した結果、20円になるようにロットを決めました。

レートが100円の時に、買いポジションを建て、110円で決済の注文を入れました。

 

勝率100%設定

トレード:米ドル円100円で買い、110円で売り

ロスカットレート:20円

コレ、損切りいりますか?

 

ただし、このままでは利回りが低すぎますよね・・

ですから、勝率100%を脅かさないように、リスクリワードレシオを高めていきます。

これがトラリピの考え方です。

 

まりりん
ロスカットされたら終わりです

リスクリワードレシオの固定方法

リスクリワードレシオは予約注文で固定が可能です。

 

全ての注文にOCOで決済注文を入れておくだけです。

例えば、成行で建てるポジションの全てに、

・20pipsで利確

・‐20pipsで損切り

の決済注文を設定しておくとリスクリワードレシオは『1で固定』されます。

 

この状態で何度もトレードを繰り返すと、勝率がわかってきます。

リスクリワードレシオが『1』ならば、

勝率は『50%以上+手数料』をキープできればFXで利益を上げられます。

 

あとは、

自分が『ここ!』だと思ったところでエントリーする

だけです。

 

継続していると、少しずつ勝率が上がってくるハズです。

 

やるべき事を絞ることで、そこに集中して取り組むことができます。

そうすることで、

本当の意味での損小利大が伸びてくる

というわけです。

 

まりりん
やらなきゃいけないことはできるだけ減らすのがコツです

まとめ

お疲れ様でした。

この記事では、損小利大の勘違いと、本当の意味での損小利大を伸ばす具体的方法を解説しました。

 

・FXは損小利大が大事

・ほとんどの人が損小利大を勘違いしている

・損小利大なほど、勝率は下がる

・勘違い:損小利大=リスクリワードレシオが大きいこと

・リスクリワードレシオと勝率は相反する

・FXの目的は最終的に利益を出すこと

・リスクリワードはFXで利益を出すための『条件の1つ』に過ぎない

・リスクリワードにこだわり過ぎると利益が得られなくなる

・トラリピは超損大利小、でも勝率は異常に高い

・リスクリワードだけでも勝率だけでも最終利益はわからない

・利益が出るならどんな方法でもいい

・早すぎる損切りの行き着く先が損切り貧乏

・本当の損小利大=トータル損失<トータル利益

・リスクリワードレシオと勝率を高めるにはどちらかを固定する

・勝率を100%に固定する方法:損切りしない

・リスクリワードを固定する方法:OCO注文

・やるべきことを絞って本当の損小利大を伸ばそう

 

以上、こんなところです。

 

含み損が増えてくると、損切りできなくなりますよね~

わかります。

だからこそ、損失の少ないうちに仕切り直ししたいですよね。

 

ポジションを保有しているあいだは資金が拘束されているも同じです。

だからとっとと損失を切って、新たなチャンスにかけたくなります。

でもそれで勝てるようになりましたか?

 

よく考えてください。

大事なことなので何度でもいいます。

FXに焦りは禁物です。

 

自分なりのしっかりとした根拠が揃うまでエントリーはしないでください。

エントリーしたらOCO注文を出して結果が出るまで放置していればいいんです。

 

結果が出れば、勝率としてデータが残ります。

それをいかに上げるのかがあなたの仕事です。

 

それではこの辺で。

やるべきことをしっかりと理解して結果が出るまで継続してくださいね!

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-考え方

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5