初心者向け

FX最強のインジケーターとは|初心者がまずやるべきこと

2021年10月7日

https://gyakuehu.com

どうも。

今日も今日とてトレード練習に余念がなく記事が全然進まないブロガー、ヒロセです。

 

FXやってる人は『インジケーター』って聞いたことありますよね。

 

インジケーターって何?と考えた時に、

『現在の相場状況を、より正確に教えてくれる便利なもの』

と思っている人が多いのではないでしょうか?

ま、間違いではないですよね。

 

念のため、早いうちに書いておきますが、

様々なインジケーターを、

秘密のパラメーターで組み合わせて、

特定のサインで売買を繰り返すと勝てるw

なんて魔法の方法はありませんので、この記事には書いていません。

 

そういったもの(つまり聖杯)を探している人は、

自分自身の事をちょっと考えてみてください。

・FXが趣味で、チャートを見たりトレードするのが大好き

・月々のお小遣いの範囲内で、トレードのスリルを楽しんでいる

といった人であればいいんですよ。

どうぞ自由に楽しんでください。

聖杯探し、楽しいですもんね!わかります。d(´ω`*)

 

しかし、

・FXで儲けていつか仕事を辞め、自由に生きていきたい

・会社に依存せず、自力で稼げる能力を身につけたい

・自分と家族を金銭的不安から解放し、今後の人生に安心をプレゼントしたい

といった人であれば、聖杯探しなんて無駄な努力はしてはいけません。

いくら時間をかけようが、お金を投資しようが、永久に見つかりません。

だってないんだから。

 

問題は、あなたがどちら側の人なのかってことです。

後者であれば、数分だけ時間を取ってこの記事を読んでみてください。

できる限り、具体的かつ簡潔にまとめています。

 

ポイント

この記事は主に、短期裁量トレード目的の人向けに書いています。

 

ヒロセ
あ!トレード練習の時間だ!
早く続き書けや・・
まりりん

ヒロセ
仕方ないな・・書いてやるか!
トレード練習サボれてうれしいんでしょw
まりりん

ヒロセ
めめめめ滅相もございませんとも!

最強のインジケーターとは

簡潔にって言っちゃったので、さっさと答えいいますね。

最強のインジケーターはラインです。

 

ラインってのはあれですよ。

いわゆる『サポレジライン』とか『トレンドライン』とかゆーヤツです。

 

あれ?ラインってインジケーターじゃなかったっけ?

ま、呼び方なんてどうでもいいんです。w

 

もしもあなたが、

為替差益を抜く技術力を向上させたい

と真剣に思っているのであれば、インジケーターの『サイン』に頼ってはいけません。

ここでいうサインとは『下抜け上抜け』『クロス』『タッチ』『反転』とかですね。

 

冒頭でも書いた通り、インジケーターは分析の精度を上げたり、判断を容易にする便利なものです。

タイプの違う組み合わせとかで、より正確にエントリータイミングがわかったりもします。

 

ですがそれは、

既に勝てる人が、より楽に勝てるように設定

されたものです。

 

勝てない人が、勝てるようになる方法ではないんです。

勝っているトレーダーのチャート設定を、そっくりそのまま初心者がマネしたところで、勝てるワケがありませんよね。

 

正直に言いますと、インジケーターは今勝てない人にとって、

能力向上の邪魔でしかない

とすら思っています。

 

自分自身の技術力を本当に向上させたいと思うのであれば、

表示させているインジケーターは、全て非表示にすることをお勧めいたします。

 

『インジケーター消すとか、何言ってんの?』

って思いますよね。

 

じゃ、あなたはこういった経験はないでしょうか?

・複数のインジケーターの組み合わせが全然揃わなくてトレードできない

・エントリーの度にサインとして使用するインジケーターが違う

・時間軸ごとにインジケーターの示すサインが違う

・インジケーターの通りにエントリーしたら往復ビンタ

情報が多けりゃいいってもんじゃないんですよ。

インジケーターに振り回されて一貫性の全くないトレードを繰り返し、負けが続くとどうするんですか?

パラメーターを変更するんですか?

インジケーターの組み合わせを変えるんですか?

 

もしかしたら『一時的』には、いい結果が出るかもしれません。

でも、それで本当に勝ち続けられると思っているんですか?

 

ポイント

今勝てていない人に必要な事は、

・自分の技術力を向上させること

それだけです。

そのためには、

アレもコレもと欲張らず、必要な情報だけに絞る

ことが大切です。

だからこそ、余計は情報は、一旦遮断した方がいいんです。

 

基本・基礎がわかっていないのに、たくさんのインジケーターを表示させても無駄です。

 

まりりん
インジケーターを開発した人は既に勝てる人です

初心者はどうすりゃいいのか

じゃ、どうすりゃいいんだって話ですが、さしあたってやるべきことは2つです。

・ダウ理論の勉強

・ライン引きの練習

コレだけ。

簡単ですよね!

 

この2つを継続すれば、何が起こるのか?

基本・基礎が固まります。

 

技術力向上のための土台がしっかりするってことですよ。

土台がなければ、その上に何の積み上げようもないんです。

※重要な事なので繰り返しています。

 

私事で申し訳ないんですが、知人にこういう人がいました。

楽して儲けたいからFX教えてくれって言ってんのに、なんで勉強や練習しなくちゃいけないんだ?

本当にいるんですよこんな人。

 

ダウ理論すら理解できないのであれば、私が裁量トレードの時間が取れない人にお勧めする手動トラリピなんてチンプンカンプンでしょう。

ライン引きの練習すらできないのであれば、想定レンジ証拠金維持率の計算なんて面倒くさいことはやらないんでしょうね~

 

そういった人は『FXで儲けたい』みたいな分不相応な夢は、さっさと諦めてしまった方が幸せになれますよ。

大人しく会社で朝から晩まで仕事をし、つつましい老後を過ごすことをお勧めいたします。

 

まりりん
ヒロセは割と容赦ないよね・・

なぜダウ理論なのか

ダウ理論の勉強をする理由は、

世界中のトレーダーが判断基準として利用

している理論だからです。

 

レートが動く要因は、トレーダーが買ったり売ったりするからですよね。

エントリー・決済にかかわらず、トレードの方向というものは『買』か『売』しかないわけです。

 

ポイント

つまり、

多くの人が、上がると思って買えばレートは上がり、

多くの人が、下がると思って売ればレートは下がります。

 

できるだけ多くの人が、

『こうなったら動くだろうな~』

と思う節目がわかれば、先んじて仕込んだり、途中だけ乗っていったりできますよね?

 

だからこそ、多くの人が判断基準としているダウ理論を理解するべきなのは当然です。

 

まりりん
多くの人がってところがポイント!

なぜライン引きなのか

ライン引きの練習をする理由は、

ダウ理論を明確に確認

するためです。

 

ラインは水平なモノと、斜めのモノに分けられます。

 

水平線では高安値や、サポート・レジスタンスラインが確認できます。

斜めのラインはトレンドライン、チャネルラインに加え、

高値切り下げ・安値切上げなどが確認できますよね。

 

引いたラインが多くのトレーダーに意識されればされるほど、有効に作用しやすくなります。

 

ラインが有効に作用するという意味は、

そのラインの上と下で、買優勢と売優勢が明確に分かれる

ということです。

 

有効なラインの上には買い注文が集まり、下には売り注文が集まります。

それがわかれば、どのように利用するのか考えるだけですよね。d(´ω`*)

 

ダウ理論の目安となるラインだけで、自分のトレードの指針を自分自身で作り出すことができれば、インジケーターなんて要りません。

付け加えるならば、チャートパターンなどは例外なくダウ理論に基づくラインの組み合わせでできています。

 

どうですか?

ライン、最強でしょ!?

 

まりりん
それがわかりゃ苦労しねんだよ!

ライン引き練習のコツ

ライン引きの『練習』が必要といった意味は、

練習をしなければ有効なラインはわからない

からです。

 

トレードは結果を出してなんぼの世界です。

結果が出なければいくら努力しても無意味です。

 

だからといって努力しなくてもいいわけではありません。

残念ながら、結果を出すためには練習という努力をするしかないんです。

 

練習のコツは、トレーダーの気持ちを想像することです。

 

チャートを見ているトレーダーには3種類の人がいます。

・ポジションを持っていない人

・買いポジションを保有している人

・売りポジションを保有している人

 

全てのトレーダーが、利益を出す、もしくは損失を限定するために

『どこでエントリー・決済をしようかな』

と虎視眈々と狙っているんです。

 

各時間軸のチャートで、

『この局面を見ているトレーダーは、このラインに対してどう思っているのか』

と、想像しながらラインを引き、答え合わせをしてみてください。

 

他人の気持ちを正確に把握することは不可能です。

が、レートの行く末なんて上がるか下がるかの二択です。

 

『より多くの人が二択のうちどっち側と考えているのか』

を想像することは、慣れればできるようになると思いませんか?

 

まりりん
なんかできる気がしてきた!

熟練するということ

ライン最強とか言いながらこういうものなんなんですけど、

実は、

『どういうラインが正解なのか』

といった問いに対して明確な答えはないんです。

 

有効に働くラインというモノは、理論を知ったうえで経験則で見出す以外ありません。

だからこそ『慣れればできる』と書いているワケです。

 

ポイント

慣れるには絶対的に、

『総経験量』が必要

なんです。

 

トレードというものは、自身の技術力を持って他人からお金の奪い合いをしているワケです。

技術が多くの他人よりも劣っていれば、奪われるだけです。

じゃ、多くの他人よりも技術力を高めればいいだけですよね!d(´ω`*)

 

まりりん
ほとんどの事は慣れでなんとかなりますよね!

圧倒的経験量を積む方法

技術力を高めるためには、勉強、練習、訓練などで経験を積むのが最良の方法です。

 

ところが、残念なことに、人に与えられた時間は平等です。

どんなにやる気があったとしても、生きていくためにはやることがいっぱいあるワケです。

無理をして長時間努力した挙句、身体を壊してしまっては本末転倒です。

 

若い人はあまり実感がないと思いますが、一旦身体を壊すともう100%には戻りません。

人生に一番大切なものは、お金ではなく健康です。

 

だからこそ、練習ツールを上手に利用して時間を有効活用ください。

 

ポイント

練習ツールを使って、リアルと同じ条件で練習を繰り返しましょう。

過去チャートを早回しすることで、短期間に圧倒的な経験量を積むことが可能です。

マルチタイムフレームでラインを引きまくり、答え合わせしまくりましょう!

必ずトレード技術が向上します!

 

私のお勧めする練習ツールは【MT4裁量トレード練習君プレミアム】です。

理由は、マルチタイムフレーム分析ができるうえに、仕様上逆再生が不可能だからです。

 

リアルの時間は逆再生なんてできませんよね。

『あ、今のところエントリータイミングだった』

なんて思ったところで、後の祭りって事です。

 

練習ツールとはいえ、初心者が使えば負けまくります。

負けまくると自己肯定感が下がって、練習の意欲がなくなります。

私がそうだったんだから言ってるんですよ。

練習を諦めたらもうおしまいですからね・・

 

だから最初はエントリーなんてしなくていいです。

『日足』『4時間足』『1時間足』『15分足』などを同時に表示し、ここかなと思うところで一時停止してラインを引いてください。

ラインを引いたら、それに対してレートがどうなるのか動くチャートで観察してください。

そのうち自信を持ってエントリーできるようになります。

 

エントリーが怖くなくなれば、もうこっちのものです!

よーくチャートの裏に潜むトレーダーの気持ちを考え、

ココ!と思うところでエントリーと答え合わせを繰り返してください。

 

そのうち、

・不思議な位、負けまくるところ

・気持ちいい位、勝てるところ

があることに気付くハズです。

 

そうなれば、その時のチャートの状態をよく見てください。

明らかに違うんですよ。

 

これさえわかれば、負けまくるところでトレードしなけりゃいいだけです。

あとは資金管理さえしっかりしておけば、勝てるトレーダーのスタート地点にたどり着けます。

 

私もみんなも大好きなアニメで『一つのことを極め抜け』って言葉があります。

『トレードで稼ぎたい』と心底から思っているのであれば、ダウ理論に基づいたラインを極めてください。

インジケーターを表示するのはそれからでも十分です。

 

簡潔にとかいいながら大分長くなっちゃいましたね。

じゃ、この辺でおしまいにします。

あなたがトレードで稼げるようになることを心から願っています。

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・。

常にFXでストレスなく勝つ方法を考え続け、実践を通じて経験を積むことを心掛けています。

このブログでは、私自身が日々の勉強や練習、トレードを通じて得たコツやヒントなどをできるだけわかりやすく解説します。

詳しいプロフィールはこちらまで

-初心者向け

© 2021 逆転FX!! Powered by AFFINGER5