初心者向け

成功するためのFX必須技能|環境認識練習方法

2021年10月25日

https://gyakuehu.com

どうも。

トレーダー心理研究家のヒロセです。

 

FX、特に、

『裁量トレード、デイトレで勝ちたい!』

と考えている人はチャート分析ってやりますよね。

 

じゃ、何を分析するんでしょうか?

超能力者や神様でもない限り、未来の事はわかりません。

 

ですから、過去のチャートから、

『今、どんな状態なの?』

『これからどうなるの?』

ってことを、あーだこーだと考え分析するワケです。

 

コレが環境認識ってヤツです。

環境認識を各時間軸で行うと、マルチタイムフレーム分析となります。

 

この記事では、環境認識の練習方法を超シンプルに解説していきます。

サルでも・・とまでは言えませんが、小学生でもわかる練習方法ってワケです。

特に難しいことはないので、ぜひスグに始めて上達の喜びを感じていただきたいと思います。

 

ヒロセ
今日は環境認識の練習方法です
なんでそんなに難しい言葉使うワケ?
まりりん

ヒロセ
簡単に言おうとすると長くなっちゃうからじゃない?
一旦上昇が否定されたことが肯定されたとか意味わからん
まりりん

ヒロセ
それは私にもわかりません・・

成功するためのFX必須技能

FXの勉強をしていると、よくこんな言葉にお目にかかります。

FXで勝ち続け成功するためには

わかりやすいところだけでトレードする

わからないところには手を出さない

なるほど!

よくわかりました。

 

で、やってみるんだけども、

初心者は、どこもかしこも、わからない

ってワケなんですよねw

 

で、

・わからないから、何もできずに経験が積めない

・わからないままトレードしてみて、偶然勝って勘違い

・わからないままトレードしてみて、損切りできずに大損

といった負のスパイラルに突っ込んでいくんです。

 

出来上がったチャートを後からみれば、一目瞭然なんだけども、チャートが進んでいる途中ではわからないんですよね。

・トレンドだと思って入ったら終わってて往復ビンタ食らった

・まだレンジかなと思っていたら大きく動いて結局入れず200pips上昇

とかありませんか?

 

なぜこうなるのか?

わかるところとわからないところの区別がつかない

からですよね。

 

ですが、チャートが進んでいる時にそれが判断できるようになると、このようなトレードが可能になります。

※シミュレーションの様子です。

相場環境

右上が1時間足、右下が15分足です。

1時間足の青丸の部分がわかりやすくて、赤丸の部分がわかりにくいのは理解できますよね。

15分足では、1時間足の青丸部分に焦点を当てています。

 

このように、

1時間足のわかりやすいところで、下位足の15分足でトレードを繰り返すと簡単に連勝できるワケです。

『もっと利を伸ばせるだろ!』といった苦情は受け付けませんw

 

じゃ、どうすれば、

”わかる”とか”わからない”の区別がつく

ようになるんでしょうか?

 

簡単ですよ。

ポイント

動いているチャートで何度もやってみる

コレだけです。

 

何かしらやれば、いいにしろ悪いにしろ必ず結果が出ます。

それが『経験を積む』ってことです。

 

昔の偉い人がこう言ってました。

やってみなくちゃわからない

ってね。

 

わかるようになるためには、

『とにかくやってみる』

『やってみた結果を確認する』

『わかるようになるまで継続する』

コレ以外の選択肢はありません。

 

古き言い伝えは本当じゃった!

ってことです。

 

ちょいと小難しくいってしまうと、

何かしらの技能をに見つけるには『試行錯誤』が必須

ってことですよ。

 

もっと簡単に一言で言っちゃうと『慣れ』です。

 

まりりん
FXは慣れ!

環境認識練習方法

慣れればいいとは言ったモノの、ただ何も考えずに回数だけ重ねればいいワケじゃないですよね。

じゃ、何を考えてやればいいのか?

ダウ理論とトレーダー心理です。

 

レートが動くのは、トレーダーが買ったり売ったりするからです。

 

つまり、

『買いたい』『売りたい』という心理のバランスで、レートは上下しているってことです。

・買いたい>売りたい➡上昇

・買いたい<売りたい➡下降

コレだけ。

 

世界中の多くのトレーダーが”行動のよりどころ”としているのがダウ理論です。

トレーダーの考えていることはたった2つ、上がるか下がるかだけです。

ダウ理論に基づいて、『上だ!いや下だ!』とトレーダーが行動した結果、チャートが形作られていきます。

 

チャートというものは、

トレーダー心理の軌跡を、各時間軸で記録したモノ

とも言えますよね。

 

トレーダー達ってのは、リーダーのいない群れです。

 

ポイント

群れが右往左往している時ではなく、

同じ方向へ動き始めたと確信した時に入り、

群れの向きが変わった瞬間に抜ける、

もしくはおいしいところだけ乗ればいいんです。

 

群れといっても、イワシみたいに360度どこへ行くのかわからないってワケじゃないんです。

上か下かの2択です。

 

ではここから、具体的な環境認識練習方法をお伝えします。


以上のようなことを踏まえて、チャートに向き合い、

・日足ではこう

・4時間足ではこう

・1時間足ではこう

・15分足ではこう

と、各時間軸でトレーダー心理を考えてみてください。

 

で、

長期の方向へ、短期の方向が揃った瞬間

に根拠を持ってエントリーします。

 

エントリーの時には、明確な根拠を持って損切りを置いておきます。

利確にも明確な根拠を考えておきます。

 

トレードにハッキリとした正解はありません。

ですから、根拠は自分なりに考えたもので全然OKです。

ただし、他人に理路整然と説明できるものでなくてはいけません。

 

なぜならば、

自分が理解していないことを、他人に説明することは不可能

だからです。

 

決済が終わったら、トレードを振り返ります。

・ルール通りにやって利益になったのか

・ルール通りにやったけど損失になったのか

・ルール通りとはいかなかったけど偶然勝ったのか

・ルールを破ったからやっぱり負けたのか

を丁寧に見て、

『次はどこに気をつけてトレードするのか』

を考えます。


ここまでやって、

【1やってみた】

となります。

※以降(1Y)とします

 

コレを10Y、100Y、200Y、500Y、1000Yと、

ひたすら繰り返します。

 

するとどうなるのか?

自分自身の主観と、相場を動かすトレーダーの主観のズレが埋まってきます。

試行錯誤の繰り返しにより、主観のすり合わせが行われるワケです。

 

繰り返して繰り返して繰り返したその末に、

”わかる”とか”わからない”の区別がつく

といった境地にたどり着くハズです。

 

そうなって始めて、

わからないところではやらない

といった判断が可能になるんです。

 

注意ポイント

間違っても、インジケーターの組み合わせとかパラメーターなどで、

【勝てる設定探し】などは行わないようにしてください。

そんなものはありません。

ないんだから、探すだけ時間の無駄です。

 

まりりん
デモトレードで1000Yとかって何年かかるの?

どう練習すればいいのか

環境認識の練習方法は以上です。

 

簡単に言えば、

先の見えない動くチャートで試行錯誤をひたすら繰り返す

って事ですよ。

そんなに難しいことじゃないですよね。

 

問題があるとすれば、

リアルタイムでは時間がかかり過ぎる

って事です。

 

時間の問題を解決するのは簡単です。

シミュレーターを使用

すればいいだけです。

 

もちろん、リアルにはリアルの時間感覚が必要なので、

少額リアルトレード、もしくはデモトレードと並行して行うことがお勧めです。

 

ツールを使用することで、リアルの数百倍のスピードで試行錯誤を繰り返すことができます。

圧倒的な練習量を、短期間で稼げるってワケです。

例えるなら【精神と時の部屋】FX版です。

 

おまけの効果として、

自分の実力をイヤというほどに味わう

ことになります。

 

『自分にはFXの技量がない』

と身の程を知れば、リアルトレードで無茶なロットを張る事もなくなるでしょう。

 

フライトシミュレーターで墜落しても死にません。

ドライブシミュレーターで事故しても死にません。

トレードシミュレーターで失敗しても損しません。

 

成功するためには、何度も何度も失敗を経験する必要があるんです。

失敗は成功の母って言いますもんね。(*´ω`*)

 

コレ、使わない理由、ありますか?

 

まりりん
イヤない!

ツールの選び方

どうですかシミュレーター。

いいですよね~

使ってみたくなりませんか?

 

ここでツールを選ぶ際に、気を付けて欲しいことがあります。

とても大事なことなので、できれば真剣に考えてください。

 

シミュレーターを選ぶ際に大事なこと、それは、

絶対に逆再生できない

モノを選ぶことです。

 

逆再生して、何度も同じところを見たいのであれば、

ShiftChartMT4(MetaTrader4)で複数のチャートの位置を同期をするインジケータです。検証がしやすくなります。 | GogoJungleなどの同期ツールを使用して、過去チャートでケーススタディを何度も行えばいいだけです。

 

同じ過去検証をするにしても、

ケーススタディはケーススタディ、シミュレーションはシミュレーション

と分けて考えるべきです。

 

シミュレーターは、シミュレーションに特化していないと、意味がありません。

シミュレーションってのは後戻りができてはダメなんです。

 

後戻りが出来ちゃうと、人はいい結果を求めてズルをしてしまいます。

・あ、今のところエントリーポイントだった!

・あ、さっきのところで決済できていた!

なんてね、逆再生してやり直しをしちゃうワケですよ。

 

で、結果を出力してニマニマするんです。

バカですよね~

でもね、人ってのはこういう事をしちゃうんですよ。

※冗談のようですが本当です。

結果

ま、こんな感じでね。

巻き戻してエントリー決済を繰り返して、

『俺スゲー!』

なんて悦に入るワケです。w

 

MT4VT_Chart右側非表示・ローソク足のコマ送りが出来るMT4用インジケーター。 | GogoJungleMT4VT_TradeMT4VT_Chartと連動して疑似トレードが出来るインジケーターです。 | GogoJungleを組み合わせると、このような簡易的なシミュレーションもできます。

確かに、コレだっていい練習にはなると思います。

 

逆再生できるツールは、

『何度も同じ局面を観察して、頭に叩き込んでやる』

といった強いマインドを持った人には有効です。

 

が、検証とか練習で、

ズルをしていい気持ちになったって仕方ない

ですよね・・

 

従って、お勧めできるシミュレーターは現在、コレのみってことになります。

MT4裁量トレード練習君プレミアム

※2021年11月記事執筆時点

 

実は、こういうリンクを貼っちゃうと、必ずこういう人が現れるんです。

・なんだアフィカスか。

・商材販売とFX、どっちが儲かるんですかあぁ?

・あの有名トレーダーがゴミだって言ってたし。

君たちのセルフイメージは大丈夫なんでしょうか?

 

あのですね、誰を信じようが信じまいが一向に構いませんが、

自分の頭で考えましょうね!

 

断言できますが、自分の頭で考えて判断できない人は、永遠にFXで勝つことはできません。

 

別にね、お小遣いが欲しくてリンクを貼ってるワケじゃないんですよ。

 

・・・

え?

あれ?

や、やっぱりお小遣い欲しいです!w

練習君のご用命はヒロセ商会!ヒロセ商会のこちらのリンクからよろしくお願いいたします!!(*´ω`*)

 

MT4裁量トレード練習君プレミアム】ばぁ~ん!w

 

 

まりりん
ヒロセ商会ってなにw

練習を続けると起きる事

少し余談になりますが、

実のところ、シミュレーションってのは、最初は凄くツラいんです。

なぜならば、自分の弱さを突き付けられるからです。

 

もちろん、

『負けから学ぼう』

『試しにやってみよう』

といったマインドを持って行動することは大事です。

 

しかしですよ、

体力と同じように、精神力にも限界がある

ことを忘れてはいけません。

 

いくら実損がでないからといっても、

思うようにいかない事が続くと、精神力がガリガリと削られます。

 

ですからね、

もしも、以前酷い損失を出したりしてメンタルを病んでいる、

例えば、エントリー恐怖症とかを患っているのであれば、

無理してエントリーする必要はありません。

 

無理にエントリーして負け続け、セルフイメージが下がってしまうと、

『こんなこと自分には無理だ・・』

『こんなにツラいなら仕事してた方がマシ』

なんて諦めてしまうかもしれません。

 

てゆーか実際、私諦めましたからね、昔w

 

諦めちゃうとそこで終わりですから。

 

エントリーはできなくても、動いているチャートを見るだけならできますよね?

チャートを見るのになれたら、ライン引きの練習をしてみましょう。

もしくは移動平均線を1本表示させて、グランビルの法則とかを意識してみるのもいいですね。

 

なんらかの意識を持ってチャートを見つつ、

『この先どうなるのかな?』と想像し、答え合わせを繰り返します。

 

そうこうしているうちに、エントリーする自信も復活してきます。

大丈夫。

どのみちシミュレーションなんですから、トレードは実験程度に考えておけばいいんです。

 

最初からいい成績を出そうなんて思ってしまうから、うまくいかないと凹んでしまうんです。

どんな世界だって最初からうまい人なんていないんです。(*´ω`*)

5連敗10連敗当たり前なんですよ。マジで。

ちなみに、今日の練習はいきなり5連敗食らいましたw

コレまでの最高連敗記録は12連敗です。

 

2択で10連敗する確率は、(1/2)^10 =1/1024

こんな感じですよ。

むしろ凄いですよね!

1024人に1人の逸材です!

 

ちょっと脱線し過ぎましたw

練習を続けると起きる事を解説しますね。


ツラいシミュレーションを頑張って10Y、50Y、200Yと続けていると、ある時点で変化に気付きます。

・アレ?ここのところずっと破産確率が0%だな~

・あ、プロフィットファクターが1を割ることがなくなってきた!

・勝率が上がってきた!

・元金が減る事が無くなってきた!

逆再生ができないシミュレーターで成績が上がってきたなら、それは、

実力がついてきた

ってことですよ!

 

あの有名な大リーガーがこんなこと言ってました。

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。

byイチロー

 

誰でも理解できると思いますが、

自分が成長していると実感する喜び

は格別なんですよ!

 

こうなってくると、もうしめたもんです。

なんでって、あんなにツラくてしんどかった練習が楽しくなってくるからです。

自分の実力で勝っているんだから当然です。d(´ω`*)

 

楽しいんだから、どんどん練習しますよね!

どんどん練習すると、どんどんうまくなりますよね!

 

こうなってくると、

諦めなければいつか勝てるようになる

という確信が得られます。

 

ですから、最初の数カ月はとってもツラいですが、

なんとか自分をなだめすかしてでもシミュレーションを続け、ここまでたどり着いてください。

 

きっと、大海原のど真ん中で漂流中に陸地を見つけたような、希望に満ちあふれた気持ちを味わえますよ!

頑張りましょう!

 

ちなみに、さっきまでやってた今日の練習の成績はこんな感じです。

成績

ショボいですよね・・w

2017年12月26日~2018年2月5日の、実動30日位のシミュレーション結果です。

4時間位でコレだけの経験が積めます。

期間中の純益は単利で15万4千円程。

 

まー酷い成績ですよ。w

回数を見ればわかるでしょうが、エントリーはそれほど厳選してません。

『お?入れるかな?』と思ったら、とにかく実験だと思って気軽に入ります。

そんなんでもね、続けてるとプラスで終われるようになってくるんですよ。

マジです。

 

こうして練習結果が出力できますから、

期間チャートと合わせてみれば、わかりにくい局面ってのはおのずとわかってきます。

期間チャート

こういう風に経験を積んでいくんです。

そのうちわかるところとわからないところの区別が、くっきりはっきり見えてきます。

 

シミュレーターがゴミなんてお話は信じてはいけません。

やればやるほどうまくなります。

 

誰もやらないので、やる人だけが抜きん出ます。

本当です。

 

じゃ、いつ始めればいいのか?

最善の時は『今』です!

MT4裁量トレード練習君プレミアム

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・。

常にFXでストレスなく勝つ方法を考え続け、実践を通じて経験を積むことを心掛けています。

このブログでは、私自身が日々の勉強や練習、トレードを通じて得たコツやヒントなどをできるだけわかりやすく解説します。

詳しいプロフィールはこちらまで

-初心者向け

© 2021 逆転FX!! Powered by AFFINGER5