戦略

MT4にヒストリカルデータをインポートする方法

2019年8月28日

https://gyakuehu.com

どうも。

ヒロセです。

 

トラリピに限らず、FX運用ではバックテストが重要になる手法があります。

長期に渡る詳細なバックテスト結果を得るにはMT4を使うのが一番です。

しかし、MT4を使用してバックテストを行うにはそれなりに準備が必要です。

 

MT4でバックテストするのはいいんだけど、準備がめんどくさいよね。

わかりやすく順を追って解説してくれると助かるんだけど。

このような悩みを抱えていないでしょうか。

 

というわけで、今回の記事ではバックテスト準備の第2弾として、

MT4に過去のチャートデータを取り込む方法を画像タップリでご紹介します。

バックテストができるようになると、トレードに自信を持てるようになりますよ。

1つ1つクリアしていきましょう!

追記

FXTFでは2020年5月4日以降に開設される口座でEAの利用ができなくなります。

EAを使用するならOANDA Japan がお勧めです。

ヒロセ
今日はデータインポートのやり方です
もうさっぱりわけわかんないんだけど・・
まりりん

ヒロセ
過去のチャートデータをツールに取り込まないと、これからの予想はできないからね
なるほど、過去にこうだったからこれからもこうなるだろうって予測するのね!
まりりん

ヒロセ
まりりんがまともなこと言ってる・・なんの前触れなのコレ・・

MT4へヒストリカルデータをインポートする方法

ヒストリカルデータとは直訳すると『過去データ』です。

この場合の『過去データ』とはこれまでのチャートの4本値、つまり『始値、終値、高値、安値』のことです。

この4本値をMT4に取り込むことを『インポート』といいます。

ヒストリカルデータをダウンロードする

ヒストリカルデータは割とどこでもダウンロードできますが、今回はFXTFのマイページからダウンロードします。

まずはマイページTOPから『チャートデータ』をクリックします。

 

ヒストリカルデータのダウンロードは口座開設が必要です。

FXTF

出典:FXTF

すると、チャートデータのページへ飛びますので、目的の通貨ペアをクリックしましょう。

ダウンロードが始まります。

今回は『ZARJPY』、南アランド円を選択しました。

出典:FXTF

ダウンロードが終わったら、ファイルをダブルクリックして解凍しておきます。

解凍したファイルはわかりやすいところに貼り付けておくといいです。

 

これで、南アランド円の『1分足のヒストリカルデータ』がダウンロードできました。

MT4の設定を変更する

ヒストリカルデータをダウンロードしたら、今度はMT4の設定を変更します。

自動売買を許可、バックテスト期間を最大に設定する

MT4を起動してメニューからツール>オプションをクリックしてください。

オプションウインドウが開くので『エキスパートアドバイザ』タブからチェックリストにチェックを入れ、自動売買を許可します。

※バックテストの実施には必要ない場合も多いですが、EAによってはDLLを使用したりするので設定しておきましょう。

次に、チャートタブに移動し、『ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数』を変更します。

ここでいう『バー』とはダウンロードした『1分足のヒストリカルデータ』でいうところの1分足1本分です。

つまり、デフォルトでのバー数『512000』では512000分のデータ、512000÷(24×60)≒356日に相当するデータになります。

このままだと356日分のバックテストしかできないため、バー数を限界まで増やすということです。

最大バー数を限界まで増やす具体的な方法としては、入力ウインドウに9を並べられるだけ並べてOKを押してウインドウを閉じ、もう一度ツール>オプションで開けば、ソフトが勝手に最大数に変換してくれます。

両方のウインドウに『9999999999999と入力⇒ OK⇒許容最大数にソフトが変換』ってわけです。

データフォルダの中身を削除する

ダウンロードしたヒストリカルデータを有効にするには、MT4に入っているデータとダウンロードしたデータを入れ替える必要があります。

ですので、まずはMT4に最初から入っているデータの削除から始めます。

 

MT4のメニューからファイル>データフォルダを開くをクリックしてください。

データウインドウが開きますのでhistory>FXTrede-LiveFXTFとダブルクリック。

FXTrede-LiveFXTFフォルダを開いたら、

『FXTrade-Live FXTF』フォルダは開いたままMT4を右上の×ボタンで閉じます。

※MT4を閉じる際にデータが生成されるため、MT4を閉じる前にフォルダ内のデータを削除してもデータが復活してしまいます。

 

FXTrede-LiveFXTFフォルダの中に入っているファイルを全て削除します。

 

削除が終了したら、MT4を再起動します。

メニュー>ファイル>データフォルダを開く>history>FXTrede-LiveFXTF>MT4を閉じる>ファイルを全て選択>削除>MT4再起動

アップロードにより、FXTrede-LiveFXTF→FXTF‐Liveへとフォルダ名が変更されています。

ヒストリーセンターのデータを削除

次にヒストリーセンターのチャートデータを削除します。

MT4のメニューからツール>ヒストリーセンターをクリック。

ヒストリーセンターのウインドウが開いたら『Forex-cd』をダブルクリック。

『ZARJPY』をダブルクリック。

『1分足』をダブルクリックすると、レコードウインドウにチャートデータが表示されます。

表示されたチャートデータを削除します。

 

最初のデータをクリックしたら

①スライダーを一番下まで移動し、Shiftキーを押しながら最後のデータをクリックしてすべて選択します。

②削除ボタンをクリックします。

 

コレで、MT4に最初から入っているデータの削除は終了です。

 

メニュー>ツール>ヒストリーセンター>Forex-cd>ZARJPY>1分足>データをすべて選択>削除

MT4にヒストリカルデータをインポートする

MT4に最初から入っているデータの削除が終わったら、ダウンロードしたヒストリカルデータをインポートします。

この場合のインポートとは『取り込む』といった意味合いで覚えておけばOKです。(*´ω`*)

 

削除したヒストリーセンターの『インポート』をクリックしてください。

一行、データが残っていますが、削除してから新たに書き加えられたデータだと思われます。

チャートを開いていると、このように新しいデータが記録されていきますので、作業の前にチャートはすべて閉じておくことをオススメします。

『インポート』をクリックするとインポートウインドウが開きます。

①参照をクリックするとファイル選択ウインドウが開くので、ダウンロードしたヒストリカルデータファイルを選択し『開く』をクリックし取り込みます。

②取り込むとデータウインドウに1分ごとの4本値データが表示されます。(少し時間がかかります。)

③データの反映を確認して『OK』をクリックします。

 

以上でヒストリカルデータのインポートは終了です。

 

ヒストリーセンター>インポート>参照でファイル選択して開く>データの反映を確認>OK

インポートしたデータをチャートで表示してみる

インポートしたデータをチャートに表示して確認してみましょう。

MT4のメニューからファイル>新規チャートをクリック。

表示されるウインドウから『Forex-cd』『ZARJPY-cd』をクリック。

すると、新たに南アランド円のチャートが表示されるので、最大化しておきます。

最大化した南アランド円のチャートです。

①自動スクロールをオフにします。

②時間足をM1(1分足)に変更します。

変更できたら、チャート上のどこでもいいからクリックしてからキーボードの『Home』ボタンを押してください。

『Home』ボタンを押す事により、チャートの一番最初へと飛ぶことができます。

ここで、チャート下に表示されている西暦を確認してみてください。

現在より数年前の表示(ここでは現在2019に対して2012と表示)されていれば、その間の1分足データがチャートとして反映されているというわけです。

 

これでインポートデータのチャート表示は終了です。

 

メニュー>ファイル>新規チャート>Forex-cd>ZARJPY-cd>最大化>自動スクロールをオフ>時間足をM1に変更>Homeボタン>西暦確認

 

以上でヒストリカルデータのダウンロードからMT4へのインポートの手順はすべて終了しました。

お疲れ様でした。(*´ω`*)

 

ちなみにこちらでもFXTFでの一連の作業が解説されていますので合わせてごらんくださいませ。

ヒストリカルデータのダウンロードからMT4へのインポートまで

追記

バックテストだけに限っていえば、インポートデータをチャートで表示する必要はないようです。

MT4をバックテストのためだけに使用する場合はチャートは最初から全て閉じておいた方がいいです。

MT4の動作も軽くなりますのでオススメです。

まとめ

わかりやすさを最優先させたため、かなり長くなってしまいました。(;^ω^)

ざーっと見ると複雑そうに見えますが、一つ一つの作業はかなり簡単なものばかりです。

是非、チャレンジしていただけたらと思います。

 

・ヒストリカルデータをダウンロードする

・MT4に最初から入っているデータを削除する

・削除したデータの代わりにダウンロードしたデータをインポートする

 

簡単に説明するとこんなところです。

もちろんMT4に最初から入っているデータでもバックテストは可能ですが、

1分足の長期データは入っていませんし、正確さも疑わしいとされていますので

やはりインポートはしたほうがいいと思います。(*´ω`*)

 

それではこの辺で!

続きは近いうちにお届けできるよう頑張ります。(;^ω^)

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-戦略

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5