https://gyakuehu.com

考え方

裁量トレードでエントリーを厳選しながらも回数を増やす方法

どうも。

裁量トレード勉強中のヒロセです。

 

その昔、よく考えずにポジポジした結果、大金を失ってしまった私です。

それからトラリピを覚え手動トラリピに移行し、ブログで広めつつ現在に至るワケです。

※全く広まってる実感はありませんw

 

しかし、ただで転ぶのも癪なので、

『絶対に裁量トレードで儲けられるようになってやろう』

と目論んでおります。

 

同じ事をすると同じ結果になることは明白なので、今回は必死こいて勉強をしています。

おかげ様で徐々に成績も上がってきたように思います。

 

ちなみに先週の成績はこんな感じ。

成績

参照:セントラル短資FX パーソナルレコード

※パーソナルレコードの使用には口座開設が必要です。

 

私とて、そんなにスグにスキルが身につくなどとは思っていませんので、マグレ要素が強いと思います。

が、週に60pipsを安定して取れたら裁量トレーダーとして生きていけるハズです。

 

最近は、まだ自立できてもいないくせに裁量トレードの記事を書く事が増えてきましたw

 

せっかくなので、勉強してインプットしたことの中でも、

『コレは目からうろこ級なのでは!?』

ということをアウトプットしていこうという企画です。

まりりん
企画だったの??

 

ポイント

エントリーが少ないから儲からない

時間がなくていいタイミングに出会えない

何かいい方法があれば知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、優位性のあるエントリーの回数を増やす方法を解説しています。

エントリーなくして決済はありません。

しかし、むやみにエントリーすると決済がどんどんマイナスになっていきます。

 

自信の持てるエントリーの機会が増えれば、むやみにエントリーすることはなくなりますよね。

是非、ポジポジ病から脱して私と共に勝率を上げていきませんか?

 

ヒロセ
今回はいいエントリーの回数を増やす方法です
裁量トレードの記事って企画なの?
まりりん

ヒロセ
自信を持てる所が少ないから無理にエントリーしちゃうんです
コレって企画なの?
まりりん

ヒロセ
ごめんなさい、言ってみたかっただけです・・

エントリーを厳選しながら回数を増やすには

FX、それも裁量トレードで勝つためには、優位性のあるエントリーを選ばないといけません。

 

FXのエントリーに限っての『優位性』をさらに詳しく説明すると、

『確率の偏りが比較的明確で根拠と自信を持って行動できる』

ってことです。

 

でも、こんなの待ってたらいつまで経ってもエントリーできませんよね。

繰り返しますが、エントリーなくして決済はありません。

 

しかし、根拠も自信もなくエントリーしたらこうなります。

・勝った➡運が良かっただけで実力じゃないよね・・

・負けた➡あぁやっぱりな・・

 

エントリー回数を増やすために、質を落としてしまえば待っているのは後悔です。

 

まりりん
無理にエントリーするとどうなっても後悔するのね・・

質を上げながら量をこなす計算式

エントリーを厳選しながら回数を増やす行為は、いうなれば、

質を上げながら量をこなす

ってことです。

 

そのために、自分のレベルを上げる以外にやるべきことはこうです。

 

ポイント

パターンを当てはめるべきチャートを増やす

 

チャートを増やすためには、

『通貨ペア』と『時間軸』を変更し組み合わせる

だけです。

 

パターンを習得するのには時間がかかりますが、

通貨ペアと時間軸を変更したところで難易度は変わりません。

 

なぜならば、

どんな通貨ペアと時間軸の組み合わせにしたとこで、有効なパターンはほぼ同じだからです。

チャートはフラクタル構造でもあるので時間軸を変更しても、動きは同じですよね。

 

そうであるなら、

『通貨ペアと時間軸の掛け算』で見るべきチャートは一気に増えますよね!

あとは、自分が使えるパターンが当てはまる局面を探すだけです。

 

いいエントリー局面が見つかれば、

無理にわからないところでエントリーしなくてもいい

んじゃないでしょうか。d(´ω`*)

つまり、質が下がらないってことです。

 

質と量を上げる計算式

通貨ペア×時間軸×パターン

 

 

まりりん
見るチャート増やしたらめんどくさくね?

1つのチャートにこだわる必要はない

『1つの通貨ペア』の『1つの時間軸』だけを極めよう!

なんてこと言ってる人もいます。

それはそれで『シングルタスク』として有効かもしれません。

 

極めた結果こういうことができればいうことありませんよね。

ドル円1時間チャート

フハハハハ!

我こそは『ドル円1時間足マスター』である!

我にかかればこのようなところでトレードすることなど造作もないわぁ!

フハ、フハハっ!

すいません、調子乗りましたw

 

こんな事ができればいいんですが、

残念ながら、私は『神』でも『預言者』でも『マスター』でもありませんし、目指す気もありません。

 

ですから私は大人しくこうします。

チャート選択例

さて、今日のトレードのチャートを探そう。

4つの通貨ペアの3つの時間軸で12面のチャートがあれば、何らかのパターンに当てはまる局面があるかもしれない。

見つかれば、そのチャートを主役にして他の時間足で根拠を固めていくか。

こんな感じ。

 

1つの『通貨ペア』

1つの『時間軸』

1つの『パターン』

コレじゃいつまで経っても実践経験は積めません。

 

まりりん
12面のチャート見ろってことね・・

チャートを増やした結果起こる事

いいエントリーが見つからないのなら、様々な局面を増やすしかありません。

 

そのためには図解したように、

・複数の通貨ペア

・複数の時間軸

を組み合わせればいいんです。

 

そうして経験を積んでいくと、

いつしか使えるパターンは『2つ』になり『3つ』になりと、

成長していくハズです。

 

パターンが増えるごとに、エントリーを探せる局面は『12×2』『12×3』と増えていきます。

するとどうなりますか?

『お!ここで上昇トレンドの押し目買いが狙えそう!』

『こちらは下降トレンドの戻り売りか・・』

『こちらはレンジ相場での反転が狙える』

と、優位性のあるエントリーが次々に見つかるようになります。

 

こうなると、さらにわかりやすいエントリーを厳選することができます。

すると、勝率が上がります。

 

コレが『引き出しを増やす』ってことじゃないでしょうか。

 

まりりん
引き出しが増えればいつでもエントリーできそう

事前にできることを済ませてエントリーに集中

もちろん、通貨ペアによりレートは違います。

時間軸によっても、狙う利確幅損切り幅も違います。

しかし、そんなことは事前に全て決めておけますよね。

 

例えば、

『1回のリスクは最大で資金の2%』

『損益率は1で固定』

と設定しておけば、12面のチャートそれぞれの決済幅はおのずと決まるハズです。

決済幅を広げたいのであれば、ロットを落とせばいいだけです。

 

事前にできることを済ませておけば、エントリーに集中できます。

局面と使えるパターンが多いほど、エントリーポイントは見つけやすくなります。

エントリーの為にチャートを監視する時間も少なくなるでしょう。

 

このブログでは繰り返しこう言っています。

チャート監視は労働です。

 

労働なんて少ない方がいいに決まってます。(о´∀`о)

 

まりりん
ヒロセは労働が大嫌いです

具体例:私の裁量トレード環境

ちなみに私の裁量トレードの環境をご紹介します。

 

私は現在、毎日ブログを書いています。

当然、裁量トレードもずーっとチャートだけをにらんでいるわけではありません。

 

朝起きたら、12面のチャートを見ながらトレードできそうな局面を探します。

ざっと見れば『これはいけるか?』的な局面が見つかります。

後はチャートを一部見えるようにしておいてブログを書きます。

 

いつものスクショはこんな感じ。

作業中スクショ

いつも貼ってる画像はこうやってスクショを撮ってトリミングなどの加工を施したものです。

ディスプレイは2面。

左がノートPC、デカい方が外部ディスプレイです。

 

段差がついているのは実際の見た目通りです。

こうすることでマウスポインターが視覚的に連続して移動できます。

左にMT4で目星をつけたチャートを表示させ、ブログ用のマインドマップを半分かぶせています。

 

このチャートの時間軸は5分足でトレンドラインを引いていますね。

このようにチラチラとチャートを見ながらブログを書いています。

こうしておいて、重要なところに差し掛かったら、ブログの手を止めてトレード画面を表示させるってワケです。

 

この状態で過ごす時間は実績報告などで3~4時間、普通の記事で6~8時間、難産で12時間といったところです。

いうなれば、この時間チャート監視をしているってことですね。

ま、チラチラですけどw

 

朝、目星をつけたチャートは大体半分位は想定が外れて見送ります。

そうなったら、また局面探しです。

想定通りエントリーできれば、MT4もトレードツールも閉じて放置してます。

いつも知らない間に決済完了してます。

 

そんな感じで1週間、つまり5日間のトレード回数が7回です。

ちなみに1回の損益は±20pipsに固定してます。

どう思いますか、このトレード回数。

 

もう一度パーソナルレコードを貼っておきます。

成績

正直な話、この成績はでき過ぎですが、

コレがずっとキープできるのなら、もうコレでいいと思います。

これで1ヵ月続けられたら約240pipsですからね。

 

なんでって、以前検証した資金300万円で月20万円稼ぐための目標が『67pips』だからです。

ま、いろいろ皮算用してしまいましたが、今はやれることをやるだけです。

 

やってできるようになるかどうかはわかりません。

しかし、

やらないと絶対にできるようにはなりませんからね!

 

 

まりりん
コレだからブログ編集画面が固まるんじゃない?
ホンマやぁっ!!!( ゚Д゚)
ヒロセ

まとめ

お疲れ様でした。

この記事では、優位性のあるエントリーの回数を増やす方法を解説しました。

 

・エントリーなくして決済はない

・むやみにエントリーすると決済がどんどんマイナスになる

・優位性を待っていてはいつまで経ってもエントリーできない

・根拠も自信もなくエントリーしたら勝っても負けても後悔する

・パターンを当てはめるべきチャートを増やすことで質も量も上げる

・質と量を上げる計算式:通貨ペア×時間軸×パターン

・1つのチャートにこだわると実践経験は積めない

・チャートを増やした結果エントリーを厳選することができ勝率が上がる

・局面と使えるパターンが多いほどチャート監視時間が減る

・チャート監視は労働

・労働は少ない方がいい

・やらないと絶対にできるようにはならない

 

以上、こんなところです。

 

いや~、先週の成績が思いのほか良かったので、2回も貼っちゃいましたよ!

なんならもう一枚貼りたいところですが、そろそろ読者に怒られそうなのでやめときます。(;^ω^)

 

確かに、見るチャートが多いほど分析の時間はかかりますが、よくわからずエントリーするより1000倍マシです。

十分に根拠と自信を持ってエントリーしたら、負けても『ま、仕方ないな』って思えるもんです。

 

うーん、わからん!でもまーいーや!ぽちっ!

って建てたポジションが逆行して『とんでもない含み損』までいった事ってありますよね。

なければここまで読んでいないハズです。

 

わけわからず建てたポジションの含み損が切るに切れない状況を思い出してください。

あの途方もない、悶絶したくなるような絶望感をまだ味わうつもりですか?

 

それではまた。

今できることを続けていればきっとなんとかなります。

何もしなければなんともなりません。

ヒロセ

-考え方

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5