https://gyakuehu.com

初心者向け 考え方

トラリピの失敗例と対策案|コロナショックで維持率低下

どうも。

ヒロセです。

 

なんでもそうですが、特にお金が絡むFXでは失敗が怖いですよね。

できる限りの備えをしておきたいと思うのが当たり前だと思います。

 

ポイント

FXで失敗したくない・・

トラリピの失敗ってどんな感じ?

失敗しない方法があれば知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、コロナショックで身動きが取れなくなった私の状況をお伝えすると同時に、考えた対策案をシェアしていきます。

これからトラリピを始めようと思っている人は読んでみてください。

 

是非、私の失敗を反面教師として学んでいただきたいと思います。

私の失敗談があなたの糧になるのなら幸いです。

 

ヒロセ
今回はコロナを受けての失敗談です
コロナ腹立つわ~
まりりん

ヒロセ
ウイルスに文句言っても仕方ないでしょ
ヒロセの代わりに言ってやったのに♪
まりりん

ヒロセ
ホント、のんきよね・・

トラリピの失敗例

現状、

コロナショックのあおりを受けて私の手動トラリピ口座がピンチに瀕しております・・(;´・ω・)

 

こんな感じ。

※未確定損益は2020年2月から公開

 

2019年末の口座変更の際の損切りと、3月に勃発したコロナショックにより、

証拠金維持率急低下

・4段階の損切りが3段目まで発動

といった非常事態に加え、

いざという時の為のプール金を全額投入し、現在身動きの取れない状態となっています。

 

証拠金維持率に余裕がないため、

『新たなトラップを発注できない』

という事態です。

 

つまり、

トラリピ運用としては完全に失敗

であると言わざるを得ません。

 

どうしてこうなった・・( ゚Д゚)

まりりん
含み損が~

失敗の原因

ここから、盛大に言い訳が始まります。

不愉快に思われる方は即時離脱をお願い致します。(;^ω^)

タイミングが悪かった

上記したグラフでわかるように、2019年12月に口座を変更する際、50数万円の損切りを決行しました。

理由は、とっとと損切りして新しい口座に資金移動した方が儲かると判断したためです。

 

その後、3ヵ月はFX収入が10万円を超える月が続いていました。

そして、一通りFX会社を試してみて、1月末から3社に資金を集中して本格的にポジションを建て始めたところです。

 

メキシコペソ円を運用しているみんなのFXの入金履歴がこちら。

そして、3月9日のクラッシュに襲われたワケです。

 

2月20日に6円台を付けたメキシコペソ円が、僅か2週間で4.6円台まで急落しました。

3月6日の追加入金と損切り注文をしていなかったらロスカットされていたところでした。

 

まりりん
本格稼働してすぐに下落したってこと?

運用益を見込んでいた

当初、資金の一部で運用を始めたワケですが、当面の間は追加入金の予定はありませんでした。

なぜならば、次のように考えていたからです。

 

見込み

今のレートから危険域に下がることはあっても時間がかかるハズ

それまでに運用益で資金が増えるだろう

 

もちろんペソ円口座では、資金に対してのポジション量を

『それまでの史上最安値である4.8円台でも大丈夫』

なように計算はしていました。

 

仮にレートが5円台前半まで下落してきた場合、4.8円台でロスカットされる状態では不安ですが、

そうなるまでの時間で十分な運用益が上がり安全なレベルにまで資金が増える

と考えていたんです。

 

完全に見込み違いですね・・(ヽ''ω`)

 

まりりん
当てが外れたってヤツねw

早く実績を上げようと焦っていた

2019年に損切りをしたこと、ブログで実績公開をしていることを合わせて考えると、やはり焦っていたように思います。

 

焦り

損失を早く取り戻したい

実績報告でいい結果を出したい

 

このような気持ちが無理なトレードにつながっていたようです。

上記の、運用益を見込んでいた甘い見通しと相まって超ピンチに追い込まれました。

 

まりりん
焦って大損ってみんなヤルよね・・

相関性の高い通貨ペアで運用していた

いやね、

『そのうち分散しないといけないな』

とは思っていたんです。

 

思ってはいたんですが、やはりこういう気持ちが強かったんです。

 

愚行

早く儲けたいから高金利通貨に資金集中

 

結果、高金利通貨である、

『南アランド円とメキシコペソ円を同時に買トラリピ運用』

するという愚行に走ってしまいました。

 

実は、南アランド円とメキシコペソ円は非常に相関性が高く、

『ほぼ同じように変動する』

という特徴があります。

 

ちょっとコレ見てください。

参照:セントラル短資FX 相関係数分析

相関係数は『0.95』。※『1.00』は同一

チャートを見ても同じような動きですよね。

 

全ての保有通貨が南アランド円とメキシコペソ円だったので、全ての口座が一斉にピンチに陥ったワケです。

当たり前ですよね・・(;´・ω・)

 

まりりん
あかんやーん!w

対策案

さて、言い訳ばかりしていても仕方ありません。

 

失敗は失敗と受け入れて、

『これからどうしたらいいのか』

について考えていきましょう。

暴落に備える

当たり前ですが、

暴落はいつ起こるのかわかりません。

 

だからこそ、暴落に備えておくことが大切です。

かといって、過度に身構えていたらリターンも少なくなりますよね・・

 

暴落に備えるとは

『事前に想定して準備しておく』

ことではないでしょうか。

 

暴落に備えるとは

そうなった時、どう行動するべきか具体的に考えておく

 

事前に準備しておくことで、パニックにならないで済みます。

 

落ち着いて、必要な行動を取る事で、

最悪の事態を避けることができるんです。

 

必要な行動とは、

ポイント

・追加入金額の計算

・損切り計画の立案

のような入念な計算を伴う行動です。

 

もし、これらのやり方が分かっていなければ、対処はできませんよね。

成すすべなく祈っているだけでは自分の資産は助かりません。

まりりん
とにかく自分を助ける行動です!

結果を焦らない

上のリンク先を読んでもらえるとわかりますが、暴落前にある程度の策は打ってありました。

だからこそ、ロスカットだけは防げたわけですが、実際にはかなりの被害額が確定してしまいました。

 

原因は、

『早く損失を取り返したい』

『早く儲けたい』

と、結果を焦っていたからです。

 

挙句、下落スピードに収益増加が追いつかず、

資金に対してのポジションが多いまま下落

してしまい、損切りを余儀なくされたワケです。

 

そして現状、追加入金は限界まで行い、損切りは残り1回までというところまで追いつめられています。

本来ならば、損切り後レートが落ち着いたら手動トラリピを再開するところですが、そんな余裕はありません。

 

まりりん
焦って利益狙ったら本当ダメ!

通貨ペアでリスクヘッジを考える

コレまでは通貨ペアによるリスクヘッジはあまり考えていませんでした。

 

なぜならば、高金利通貨と逆相関関係にある通貨ペアは

ほぼマイナススワップになる

からです。

 

それならば、

資金が少ないうちは高金利通貨に集中し、

得た利益で分散投資

しようと考えていたんです。

 

結果的にはコレが甘い考えだったんですけどね・・(;´・ω・)

 

とはいえ、やはりマイナススワップは看過できません。

 

なので、

高金利通貨との相関係数が低く、

マイナススワップがつかない、

通貨ペアを選択して、次のような同時運用を考えています。

 

ポイント

・相関係数が低い『米ドル円』の定額積立

・『ユーロ円』と『ズロチ円』の異通貨間ハーフ&ハーフ

 

考えてはいるけど、現状ギリギリで耐えてるような状況なのでいつになるかはわかりません。

まりりん
まずは今のピンチを耐え切らないとね!

失敗は悪いことばかりじゃない

この度のコロナショックは、未だ収束しておらず、この先も油断はできない状況です。

 

既に、

・全資産約500万円のうち100数十万の損失を確定

・追加できる資金はほぼゼロ

という散々な状態なので、これ以上事態が悪化しないよう願うばかりです。

 

しかし、強制ロスカットされていたら400万円以上が溶けていたハズです。

 

自分でいうのもなんですが、

『この暴落でよくこれだけで済んでるな』

という印象ですね。

 

コレも、過去の苦い経験から学んだことがあったからこそです。

昔のロスカットの経験がなかったら・・

事前にいろんな策を考えていなかったら・・

今頃、間違いなく退場していたことでしょう。

 

『何が言いたいのか?』って話ですが、こんな感じ。

 

ポイント

失敗は誰でもする

失敗から学んだ事は損失以上の価値がある

まりりん
失敗を糧としましょう

今、不安で仕方ないあなたへ

今回の暴落では、以前よりもさらに多くの事を考え、実行してきました。

これからどうなるかはわかりませんが、事前にやれることは済ませているつもりです。

 

今、多額の含み損を抱えて耐えている人も多いと思います。

『早くこの苦痛から解放されたい』

と、思って不安を抱えて過ごしているんではないでしょうか・・

 

わかります。

わかりますが、

『全てをあきらめて放り投げる前に』

できることはないか考えてみてください。

 

不安な気持ちに打ち勝つには、

事前にできることをすべてやっておく

ことが大切です。

 

やるべきことを全てやったという自負があれば、

その後に起こることは『ただの物理現象』程度にしか感じません。

そして、その経験はかけがえのない財産となります。

 

最悪、

『強制ロスカットよりお金が残れば勝ち』

位に思っておけばいいんじゃないでしょうか。

 

あなたが不安な気持ちに打ち勝ち、コロナショックを乗り越えたなら相当な知識や技術、メンタルが手に入るでしょう。

なら、もう大丈夫!

これから何が起こってもFXで儲け続けていくことができるハズです。

 

多分

まりりん
多分w

まとめ

お疲れ様でした。

この記事では、コロナショックでの失敗談と今考えている対策案をお話しました。

 

・失敗の原因:『タイミング』『見込み違い』『焦り』『通貨ペアの相関性』

・失敗を受け入れて、これからどうするかを考えよう

・暴落に備えるとは具体的な行動を決めておくこと

・必要な行動を取る事で最悪の事態を避けることができる

・やり方が分かっていなければ、対処はできない

・結果を焦ると追い詰められる

・相関性の低い通貨ペアを組み合わせる

・失敗は悪いことばかりじゃない

・失敗から学んだ事は損失以上の価値がある

・不安な気持ちに打ち勝つには、できることをすべてやっておく

・コロナショックを乗り越えたら相当な知識や技術、メンタルが手に入る

・大丈夫大丈夫!

 

以上となります。

 

今回のお話は、8割位自分に向けた話ではありますが、

同じような境遇の人にも、是非知って欲しいことです。

 

トラリピ運用ではツラい局面をいかに乗り切れるかが勝負ですよ!

想定された損切りはしてもOKです。

苦痛から逃れたい一心で思考停止してぶん投げることだけはしないでくださいね!

 

それでは今回はこの辺で。

一緒にコロナショックを乗り越えましょう!

ヒロセ

-初心者向け, 考え方

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5