戦略

トレード記録の整理方法|エクセルでカレンダー通りに合わせる

https://gyakuehu.com

どうも。

FXの儲かるデータを見るのが趣味のヒロセです。

 

FXトレードをするのなら、トレード記録で分析とかしますよね!

 

リアルトレードであれば、毎日のことですから、

・この日は儲かった

・この日は損した

・この日は何もなかった

こんなふうにカレンダーにトレード記録していけば、後から見ても一目瞭然です。

 

こんな感じ。

公式カレンダー

参照:ゴゴジャンPremia_Scal_USDJPY_M1商品ページ

 

今は便利な世の中になっていて、リアルトレードの結果も、

過去検証(バックテスト)の結果もデータとしてダウンロードできます。

 

しかし、ダウンロードしたデータって、

カレンダーに毎日記録したようになってない

んですよね・・(;´・ω・)

 

なぜならば、ほとんどの場合、

何かあったことしか記録されていない

からです。

 

ところが実際には、

何もなかった日もある

ワケです。

 

どうにかしてカレンダー通りに表示したいと思いませんか?

 

イライライメージ

 

ポイント

トレード記録をカレンダー通りに整理したい

エクセルでなんとかできそうだけど・・

具体的な方法を教えて欲しい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、ダウンロードしたデータをエクセルで実際のカレンダー通りに並べ替える方法を解説しています。

 

これができれば、異なるタイミングで決済される通貨ペアなどを組み合わせたり、

利益が出る頻度や、利益額見込みの予測も簡単になります。

 

ぜひデータの整理方法を覚えてトレードに役立てていただきたいと思います。

 

ヒロセ
今回はエクセルでのデータ整理方法です
ダウンロードしたデータって整理しないと見にくいもんね
まりりん

ヒロセ
有利な通貨ペアの組み合わせとかもわかるかもしれません
データ整理さえ覚えればがっぽり儲け放題ってことね!
まりりん

ヒロセ
うん、それはかなり違うよね・・

トレード記録の整理方法

例えば、

MT4VT_Chart右側非表示・ローソク足のコマ送りが出来るMT4用インジケーター。 | GogoJungleMT4VT_TradeMT4VT_Chartと連動して疑似トレードが出来るインジケーターです。 | GogoJungleを組み合わせれば、MT4を使用した疑似トレードが可能です。

疑似トレードのレポートは画面上に簡易表示することができます。

豪ドル円

便利ですよね~d(´ω`*)

さらに詳細なデータは、CSVデータとして保存することもできます。

 

保存したデータを表計算ソフトで開くとこんな感じ。

保存データ

決済して、損益が出た日が順番に並んでいます。

 

しかし日付を見ると、

毎日損益が出ているわけではない

ことがわかりますね。

 

コレをカレンダー通りに並べ直すのが今日の方法です。

 

カレンダー列は自分自身で新たに作ってくださいね。

カレンダー通りに並べるとは、こんな感じ。

並べ替え後

このように複数通貨ペアを同時に表示していくと、

無駄のない組み合わせ方法がわかりますよね!

 

さらに合計獲得pipsから、その日に得られる予想損益額だって計算できます。

もうね、やらない理由ががわかりません。

 

じゃ、どうすればいいのか?

ポイント

エクセルの関数を使って決済があった日の獲得pipsをカレンダーの横に表示します。

 

 

まりりん
一気に見やすくなりました

VLOOKUP関数を使う

関数と聞いて、

『もうすでにわからない』

と思ってしまった人も多いでしょうが、理解してしまえばなんてことないですよ。

 

極力簡単に解説するので、ちょっとだけ頑張ってくださいね!d(´ω`*)

流れと引数を理解する

まずは出来上がった関数はこちら。

完成図

関数

=IFERROR(VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)&"","")

 

『I2セル』にこの関数を入力して、H列に表示したカレンダーに沿ってオートフィルさせれば、

決済があったカレンダーの日付横に決済pipsが表示されます。

 

オートフィルってのは、セルの右下にカーソル合わせて十字ボタンをドラッグすることですよ。

詳しく知りたいならググってみてください。

 

それでは関数を分解しながら解説していきます。

=IFERROR(VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)&"","")

外側の赤い部分は、中の黄色い関数のエラーや0を表示させないための関数です。

 

IFERRORは後で説明するとして、

中身を抜き出すとこうなります。

=VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)

 

VLOOKUPってのは『Vertical:縦』から『LOOKUP:探す』という意味です。

関数には書式というのが必要なので書いておきますね。

 

書式

=VLOOKUP(検索値,検索範囲,列番号,検索タイプ)

 

『()』に囲まれた『,』で区切られた情報を引数(ひきすう)といい、計算結果の元になる情報です。

引数を正しく入力すると、入力したセルに正しい結果が表示されるってワケです。

 

エクセル界では『値を返す』などと意味の分からない言葉が使われますが、

要するに『計算や検索の結果を表示』することです。

 

では今回の引数の意味を説明しますよ。

ここ、一番大切です!

 

引数の意味

=VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)

『検索値:H2セル』と『FALSE:完全一致』する数値を『検索範囲:B2セルからG147まで』の中から探し出し、

『列番号:検索範囲内の左から6列目』を表示する

 

やりたいことを図にするとこんな感じ。

計算の流れ

 

関数の計算の結果はこんな感じ。

まずは、

検索範囲からH列に完全に一致するセルを探します。

検索範囲

ここでは、2019年12月3日に‐34.2pipsの損失が出ています。

コレを『H列』に表示したカレンダーの同じ日の横の『I列』に表示するワケです。

検索結果

このように、『H列』が2019年12月3日となった場合に、

『G列』の数値が『I列』に表示されていますね。

 

以上の解説で、

・何がしたいのか

・どうすればいいのか

・どんな結果がでるのか

理解できたでしょうか?

 

実際に関数を実行するには、もう少し細かいお話をすることになります。

休みつつでもいいのでしっかり理解してくださいね~

 

まりりん
う~ん・・なんとかわかる感じ?

検索範囲の指定方法

検索範囲は列を選択すると、一気に指定できそうな気がしますが、

それをするとスピルエラーってのがでるのでやめてください。

 

検索範囲の指定は、

『最も左上のセル:最も右下のセル』

というように指定します。

 

今回の場合、

『B2:G147』

となります。

 

もう一度、VLOOKUP関数を貼りますね。

=VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)

検索範囲指定の部分は黄色マーカー部分です。

 

あら?

なんかセルの指定方法に余計な文字が入ってますよね?

『B2:G147』➡『$B$2:$G$147』

この『$』は、

オートフィルした場合に数値が変わらない

ようにするための記号です。

 

関数を『I2』セルに入力し、下にオートフィルすると、

関数中の『検索値』『検索範囲』の引数がセルに対応した数値へ変化します。

 

『検索値』はセルが下に移動するごとに、

H2

H3

H4

・・・

と変化しなくてはいけませんが『検索範囲』は変えたくないワケです。

 

ですから、セルの住所を示す英数字の前に『$』を入れることで、

セルの住所が変わらないように固定するって事です。

 

エクセル界ではコレを『絶対参照』とか言ってます。

 

まりりん
エクセル界の言葉はわからない・・

決済時間を消す

しつこいようですが、もう一度VLOOKUP関数を貼りますね。

=VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)

 

H2と『完全一致』する数値を『B2:G147』の範囲で検索する、ということですが、

実際に一致するのは『B列』の日付ですよね。

 

ところが、ダウンロードしたデータには、

決済時の日付と時間が入力されています。

 

注意ポイント

自分で作成したカレンダー列には、時間が入っていないので『完全一致』しません。

 

ですから、『B列』のデータから時間のみを消す必要があります。

その場合は、『INT関数』を使用します。

『INT関数』は整数以下を切り捨てする関数です。

INT関数

このように新たにB列を挿入し、『B2』セルに

=INT(C2)

と入力して必要な行数をオートフィルしてください。

 

そのままでは時間が『00:00』と表示される場合は、

表示させたセルをコピーして、

右クリック➡形式を選択して貼り付け➡値にチェック➡OK

と操作することで消えます。

 

この操作をエクセル界では『値貼り付け』と呼んでいます。

 

『新たなB列』に月日のみが正しく表示されたら、

『元B列であるC列』は削除しちゃってOKです。

 

これでVLOOKUP関数を実行する準備ができました。

 

まりりん
エクセル界が怖いってことはよくわかった

IFERROR関数で余計な表示を消す

さて、ようやく『VLOOKUP関数』の準備ができました。

あとは出来上がった関数を『I2』セルに入力してオートフィルすればいいわけです。

 

で、できたのがコレ。

エラー表示

当初の目的は果たしたワケですが、

エラー表示が邪魔ですよね・・(;´・ω・)

 

後でさらに集計したりする場合、とっても面倒なことになるので、

新たに『IFERROR関数』を追加しましょう。

 

追加して完全体となった関数をもう一度貼ります。

=IFERROR(VLOOKUP(H2,$B$2:$G$147,6,FALSE)&"","")

黄色マーカーで表示した部分が『IFERROR関数』です。

 

『""』は空白で表示するという意味です。

これで、中央に挟んだ関数にエラーが出た場合、そのセルは空白で表示されます。

 

ちなみに、VLOOKUP関数の最後につけた『&""』は『0を空白で表示する』という意味です。

 

『&""』を最後につけることで、VLOOKUP関数単体でも『0』が空白表示となりますが、

エラー自体を空白にするには、『IFERROR関数』が必要です。

 

まりりん
IFERROR関数はわかりやすいよね

まとめ

お疲れさまでした。

この記事では、ダウンロードしたデータをエクセルで実際のカレンダー通りに並べ替える方法を解説しました。

 

私はインストール版のエクセルを持っていないので、

スクショにはいろいろな表計算ソフトが混じってます。(;^ω^)

 

このような操作をすることで、次のような通貨ペアの組み合わせが考えられます。

・毎日決済があるように組み合わせ

・大きなトレンドでは同じように動くペア同士を組み合わせ

・全く別の動きをする通貨ペアの組み合わせ

などなど・・

 

いろんな使い方ができますよね!d(´ω`*)

いや~夢が広がります。

 

それではまた。

引数をしっかり理解するとデータが変わっても対応できますよ!

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-戦略

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5