https://gyakuehu.com

戦略 考え方

トラリピの裏技ハーフ&ハーフ。デメリットとFX会社選びの条件とは

どうも。

ヒロセです。

 

トラリピの安全な運用にはそれなりにお金がかかります。

できることなら少ない額で安全に運用したいですよね。

 

ポイント

資金は少ない方がいい

利益は多い方がいい

そして安全な手法ってないのかな

このような疑問にお答えします。

 

トラリピで安全な運用をするためには、想定レンジを広げてレートがレンジを外れないようにすることが必要です。

しかし、想定レンジを広くすればするほど、それをカバーするために多くの資金がいるんですよね・・(;´・ω・)

 

したがって、同じ資金で想定レンジを広げるためには、トラップあたりの利確額を減らさないといけません。

こうなると、得られる利益が減ってしまいます。

 

実はちょっとしたコツで必要資金を大幅に減らせる方法があるんです!

それがハーフ&ハーフというトラリピの応用手法です。

 

この記事ではハーフ&ハーフ運用を行うにあたっての注意点や、選ぶFX会社の条件などを解説します。

ぜひ、出来る限り有利にトラリピ運用をしていってほしいと思います。

 

ヒロセ
今回はハーフ&ハーフの解説です
ハーフ&ハーフって資金節約できるヤツやんね!
まりりん

ヒロセ
そ!しかしデメリットもあるのでFX会社選びが重要です
え、なんか怖いよね・・
まりりん

ヒロセ
デメリットをできる限り抑える方法をご紹介しますよ~

トラリピハーフ&ハーフとは?

トラリピで想定レンジを広範囲に設定しようとすると、それだけ資金が多く必要です。

でも、そんな資金があったら苦労しませんよね・・(;^ω^)

 

しかし、実は、

ポイント

・想定レンジも変えず

・利確幅も変えず

・トラップ本数も保ったまま

・資金を『約3分の1』に抑えることができる

トラリピ運用の裏技があります。

 

それは想定レンジの半分を買いトラリピ、残り半分を売りトラリピに設定する方法です。

マネースクエアでは『ハーフ&ハーフ』と呼ばれる手法です。

 

ハーフ&ハーフとは、トラリピを世に出した功績を誇るマネースクエア が提唱するトラリピ運用の一つです。

(※ハーフ&ハーフの解説ページはこちら。

 

では、一般的なトラリピとハーフ&ハーフの違いを具体的に説明していきます。

 

まりりん
資金が3分の1?ホントに?

一般的なトラリピの場合

一般的なトラリピ

一般的なトラリピの概念図です。

 

仮にトラリピ設定をこのようにしたとします。

トラリピ設定

・想定レンジ:80~100円

利確幅:1円

トラップ本数:20本

 

ここで、全てのトラップが成立した場合の必要金額を運用試算表で算出してみましょう。

通貨ペアと運用予定額は、任意でロスカットされない値を適用しています。

 

運用試算表の使用には口座開設が必要です。

マネースクエア

運用試算表入力運用試算表結果

一般的なトラリピの場合、約272万円の最低資金が必要な事がわかりました。

 

まりりん
272万円も用意できないよ~

ハーフ&ハーフの場合

ハーフ&ハーフの場合

ハーフ&ハーフでトラリピを行う概念図です。

この場合、90円を境にして上を売りトラリピ、下を買いトラリピとします。

 

こうすることで

・想定レンジ:80~100円

・利確幅:1円

・トラップ本数:20本

という設定を変えずに必要資金を大幅に減らすことができるんです。

 

この概念図の場合、『AからB(100~80円)へとレートが下落』することにより、

・100~90円までの売りトラリピが利確

・レート90円の時点での必要資金は0円

・90~80円まで買いトラップが発動

といった流れで利確と新規発注されます。

 

つまり、

ポイント

90円を起点として、上下に10円分のレンジ幅の資金があれば運用できる

というわけです。

 

必要資金を計算する場合は、

想定レンジの『上半分を売トラリピ』

『下半分を買トラリピ』で運用し

半分の10本のポジションが成立したと仮定すればいいワケですね。

 

では、90~100円までのトラリピで必要な資金を計算してみましょう。

ハーフ&ハーフ運用試算表入力ハーフ&ハーフ運用試算表結果

ハーフ&ハーフの場合の必要資金は約88万円となりました。

 

トラップが全て発動した場合の必要資金の合計は次のようになります。

 

同設定での必要資金

・一般的なトラリピ:272万円

・ハーフ&ハーフ:88万円

 

その差、なんと184万円!

倍率にして約3分の1で済むことになります。

 

こんないいことありませんよね!d(´ω`*)

 

まりりん
マジか!?ハーフ&ハーフするしかないね♪

ハーフ&ハーフのデメリット

もちろんハーフ&ハーフにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

 

1、想定レンジ上下に含み損が発生する。

想定レンジを真ん中で区切って、売りと買いを分けるのがハーフ&ハーフなので真ん中からレートが外れるとどちらに向かっても含み損が発生します。

 

2、どちらかが必ずマイナススワップになる。

外貨にはスワップポイントが発生しますので、同通貨ペアで売りと買いを併用して運用する場合、どちらかがプラス、どちらかがマイナスになります。

※通貨ペアによりどちらもマイナスになる場合があります。

 

この2つのデメリットのうち、

注意ポイント

特に警戒すべきなのがマイナススワップ

です。

 

なぜならば、

ハーフ&ハーフの場合、含み損の額自体が少ないからです。

上記した運用試算表の『すべて成立時の評価損』を比べていただければわかります。

 

対してマイナススワップは保有しているだけでどんどん資金が減っていきます。

 

ちょっとこれをみてください。

マイナススワップバックテスト

これはFXTFで南アランド円を売トラリピをした場合のバックテスト結果です。

 

・トラリピ設定

テスト期間 2012/01/01~2019/07/30
通貨ペア 南アランド円
売りスワップ -23円
スプレッド 1銭
資金 500万円
想定レンジ 7~11円
トラップ本数 20本
トラップ幅 -0.2円
1本あたり通貨数 2万通貨
利確1回の額 4000円

口座残高は上昇と下降を繰り返し、最終的には-6178円と元本割れで終わっています・・

長く保有していたポジションに付与されたマイナススワップが確定されたときに大きく残高が減少しています。

 

南アランド円の売りトラリピでは、大体このようなグラフを描くと思っていただいていいかと思います。

高金利通貨と呼ばれるだけある南アランド円ですので当然、売りスワップの額も大きいんです。

 

テストを行ったFXFTの南アランド円のマイナスワップは-23円、トラップ1本あたり2万通貨保有の設定です。

 

つまり、なにもしなくても、

トラップ1本につき、1日に46円づつお金が減っている

ワケです。

 

しかも、多くのFX会社ではプラスよりマイナスの方が大きく設定されています。

これはマネースクエアでも例外ではありません。

 

まりりん
えー!こんなのしたくない!ハーフ&ハーフだめじゃん!!

ハーフ&ハーフのデメリットを抑える方法とは

ハーフ&ハーフには以上のようなデメリットが存在することがわかりました。

では、デメリットをできる限り抑える方法を解説します。

デメリットの割合を少なくすればメリットが際立つ

ハーフ&ハーフには大きなメリットがあることも間違いのない事実です。

 

ですので、なんとかしてデメリットを少なくすることで、

『メリット>デメリット』

の状態にもっていけば、ハーフ&ハーフのメリットがより際立つということになります。

 

では、どうやってデメリットを減らすのかを考えてみましょう。

 

上記した警戒すべきデメリットが、マイナススワップでしたね。

ただし、スワップにはプラスがあることも忘れてはいけません。

 

であれば、

考えられる方法としては、次の『2通りのアプローチ』が考えられます。

デメリットを抑えるには

1、マイナススワップを減らす

2、プラススワップを増やす

 

さらに、それぞれのアプローチに対して、どうしたらいいのか考えていきます。

マイナススワップを減らすためには

ハーフ&ハーフ運用でマイナススワップを減らすためには、次の2通りあります。

1、マイナススワップが少ない『通貨ペア』を選択する。

2、マイナススワップが少ない『FX会社』を選択する。

 

というわけで、通貨ペアとFX会社の選択で対応するしかありません。

プラススワップを増やすためには

こちらも、マイナススワップを減らす場合と同様です。

プラススワップが多い通貨ペアとFX会社の選択で対応します。

 

がしかし、ここで問題が発生します。

それが、同通貨ペア、同会社で、

『プラススワップがマイナススワップを上回ることはない』

ということです。

 

ですので、ハーフ&ハーフのデメリットを抑える最善の方法はこうなります。

ポイント

1、プラススワップとマイナススワップが同額のFX会社を選ぶ

2、レートに対するスワップ額が少ない通貨ペアで運用する

 

そのための絶対条件として、

『手動』で運用すること

が必須です。

 

これが手動トラリピと言われる運用方法です。

 

まりりん
手動トラリピを覚えると自由度がグンと上がります

スワップのプラスとマイナスが同じFX会社とは

スワップポイントのプラスとマイナスが同じことをスワップポイント『一本値』といいます。

 

マネースクエアはスワップ一本値ではありませんので、

自動でハーフ&ハーフをするなら『マイナススワップが低い通貨ぺア』を選ぶのが賢明です。

この際、プラススワップには目をつむるしかありません。

 

まりりん
マネースクエアのマイナススワップはキツいよね・・

高スペックのスワップ一本値のFX会社

スワップ一本値で高スペックなFX会社といえば、

みんなのFXLIGHT FX(トレイダーズ証券)

ですね。

 

スプレッドの狭さは業界トップレベルで売買コストはかなり抑えられますよ。

 

追記

トレイダーズ証券は2020年8月31日をもって、スワップ一本値を廃止するそうです。

みんなのFX 『売り買いポジションのスワップポイント差ゼロ』廃止のお知らせ

 

まりりん
ハーフ&ハーフするならプラスマイナスが同じ会社で手動トラリピやればいいのね♪

レートに対するスワップ額が少ない通貨ペア

レートに対するスワップ額とは例えばこのような場合です。

1:レート100円、スワップ5円

2:レート10円、スワップ5円

 

この場合、資金額に対してのスワップの割合が少ないのは『1の場合』ですよね。

この条件に該当する通貨ペアは、いわゆる『メジャー通貨』といわれる通貨ペアになります。

 

つまり、

『米ドル円』『ユーロ円』などがハーフ&ハーフ運用には適している

ということです。

 

付け加えて、

メジャー通貨ペアのマイナススワップが少ないFX会社を選択

することでさらに有利に運用することができます。

メジャー通貨のマイナススワップが少ないFX会社

この特徴を備えたFX会社は、

DMM FX外為ジャパン (DMM.com証券)

です。

 

外為ジャパンならDMM FXと同スペックで1000通貨取引が可能です。

 

まりりん
とにかくマイナススワップに注意ってことね・・

まとめ

お疲れ様でした。

今回はハーフ&ハーフのメリットデメリットとFX会社の選び方を解説しました。

 

南アランド円の売りトラリピのバックテスト結果に驚愕した人も多いんではないでしょうか?

なんせ、レート7~11円でマイナススワップが-23円ですからね・・(;^ω^)

為替差益を丸々なかったことにするくらいの破壊力を持っていました。

 

何度も言いますが、ハーフ&ハーフでストレスなく運用するコツは『マイナススワップの影響を限りなく少なくする』ことです。

この場合はもちろんプラススワップも少なくなるワケですが、資金が約3分の1で済むメリットが明らかに上回りますよ!d(´ω`*)

 

だってちょっと考えてみてください。

一般的なトラリピに比べて資金が3倍使えるんですから、スワップ益などなくても為替差益だけで十分な利益が上がると思いませんか?

 

トラリピハーフ&ハーフ運用はマネースクエア独自のサービスです。

口座開設することで、『ハーフ&ハーフの自動運用』が可能です。

マネースクエア

 

マネースクエアでハーフ&ハーフを覚えて『手動に移行』することで、安全に利回りを上げていけます。d(´ω`*)

 

それでは今回はこの辺で。

よく考えて一番合理的に稼いでいきましょう!

最善を考えることにこそ努力してくださいね。

ヒロセ

-戦略, 考え方

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5