デイトレード

https://gyakuehu.com

初心者向け 戦略

FX裁量トレード検証|負けトレーダーが儲けられるようになるのか?

どうも。

裁量トレードで勝てないFXブロガー、ヒロセです。

 

FXを始めた人なら絶対に思う事。

『FXって難しい!』

 

『積立』とか『堅実投資』とかから始めた人以外は、

全ての人がこう感じます。(。-`ω´-)キッパリ

 

ポイント

裁量トレードで勝てない

裁量トレードで短期で儲けたい

何から始めていいかわからない

こういった悩みにお答えします。

 

『お答えします』とはいったものの、私とて裁量で儲けているわけではありません。

私がFXで儲けられているのはひとえにトラリピのおかげです。

トラリピを覚えて手動トラリピに移行したからこそ、今の私があるワケです。

 

しかしですね、昔、裁量で大負けしたからといって、

いつまでもやらないわけにはいきません。

なぜならば、やらなければ永遠にできるようにはならないからです。

 

この記事では、私が再び裁量トレードに挑戦するにあたって、今準備できることを解説しています。

 

手動トラリピで培った相場での経験を生かして、

『どうすれば裁量トレードで勝てるのか』

をロジカルに考えています。

 

コレからFXを始める人、どうしても裁量トレードで勝てない人。

私と共に行動しませんか?

まずは準備から始めましょう!

 

この記事では、裁量トレードを、

『リアルタイムで相場に対応できるトレード』

と、定義します。

 

ヒロセ
今回は裁量トレードの検証をします
今まで手動トラリピ推してたのに?
まりりん

ヒロセ
手動トラリピは続けますよ~
損すると思うし止めといた方が・・
まりりん

ヒロセ
守りは固めてるのでちょっと攻撃力高めたいなと・・

なぜ裁量トレードをするのか

なんでここにきて裁量トレードなのか?

って話なんですが、

短期で儲けたいから

に決まってます。

 

手動トラリピに対しての裁量トレードのメリットといえば、それしかありません。

 

裁量トレードというのは『労働』です。

時間がかかります。

チャート監視で疲れます。

メンタルも削られます。

ですから、せめて『労働に見合った見返り』がないとやりたくありません。(;´・ω・)

 

その見返りが短期で儲けられるってことです。

 

しかし、実際は勝てませんよね。

労働をしているのに損をする

という状態に陥ることがほとんどです。

 

こうなってしまうとFXがイヤになってやめてしまうでしょう。

 

だから私は、手動トラリピを推しているワケです。

 

リアルタイムでレートに対応することは、

『泳ぎ続けないと死んでしまう魚』

のようなものです。

手動トラリピよりも利回りが高くないとチャートに張り付いて苦労する意味がありません。

 

というわけなので、これから真剣に、

どうすれば裁量トレードで儲けられるのか?

を検証していきます。

 

トラリピって何って人はこちら。

さらに詳しくはこちら。

マネースクエア

 

 

まりりん
ヒロセはチャート監視が大嫌い・・

トラリピ風ロジックでのバックテスト

トラリピは基本的に含み損に耐える手法です。

想定レンジを広く設定し、損切りは滅多なことではしません。

 

以前に、トラップに損切り注文を入れたバックテストを行ったので結果を見てください。

損切りあり

テスト結果

・必要資金:186,114円

・期間純益:28,540円

・期間利回り:15.33%

・月利換算:3.83%

・年利換算:46.00%

・勝率:40%、

・利確1回:30pips

・負率:60%

・損切り1回:10pips

4ヵ月という短期ではありますが、損切りと利確を繰り返しながら利益が増えてますよね。

 

この時の売買ロジックはこんな感じ。

期間チャート

・レート1.069と1.072に売りのイフダン注文

・レート1.059と1.062に買いのイフダン注文

・利確は30pips、損切りは10pipsに設定

コレだけ。

これなら誰にでもできます。

 

このような単純なルールでも、優位性のあるロジックを繰り返せば利益は上がるんです。

 

この売買ロジックに、例えば次のように裁量を加えればどうなるでしょうか。

・値動きに合わせて発注レートを変更する

・トレンドフォローの概念を加える

・トレードスパンを短くして売買回数を増やす

割と容易く利回りが上がりそうじゃないですか?

 

このバックテスト結果が、裁量トレードを真剣に考えるきっかけになりました。

ま、いつか再開しようと思ってはいましたが。

 

まりりん
こんなんでも繰り返せば儲かるのね!

裁量トレードのシナリオ

今、私が考えている裁量トレードのシナリオはこんな感じ。

 

シナリオ

・手法はトレンドフォロー

・日足、4時間足でトレンドを確認

・一定期間での上限下限を設定(想定レンジ)

・1時間足、5分足でエントリーポイントを絞る

・成行エントリー後、損切りをレンジ下限の少し下、利確をレンジ上限の少し下に設定しOCO発注

・決済するまで放置

・資金管理は、1回のトレードにつき損切り額‐1%。

・損切りと利確の比率は1:3~1:5程度。

・目標勝率:30%以上

・トレードスパンはデイトレ程度。

 

このシナリオ実行の為の設定はこんな感じ。

 

設定

・通貨ペア:米ドル円

・資金:通貨数1万通貨に対して10万円

・レバレッジ:約10倍。

・損切り幅:0.1円

・利確幅:0.3~0.5円

 

この設定でシナリオがうまくいった場合の皮算用はこんな感じ。

 

皮算用

・10万円のトレードで、損切り1回‐1,000円。

・利確1回3,000円~5,000円

・勝率を40%だとすると、一か月の利益は、20×0.4×3000~5000=24,000~40,000円

・損失は、20×0.6×‐1000=‐12,000円

・損益合計は12,000~28,000円

・月利は12~28%

 

かなり利回りを欲張っているような気もしますが、

正直、これくらいを目指さないと裁量トレードの意味がないと思っています。

20日間、毎日トレードチャンスがあると仮定した場合の話ですけどね。

 

ポジションを1つだけとする場合は、資金が少ないうちに限り、

もっとレバレッジをかけてもいいかもしれません。

 

まりりん
皮算用とかしてる時点でダメなのでは・・

トレードルールを決めるツール選定

シナリオ実行のためにはトレードルールを明確に決めておく必要があります。

 

リアルタイムで相場に合わせるといっても、

『その時、どう行動するべきか』

は事前に決めておかないといけません。

 

特に、想定レンジの設定とエントリーポイントは重要でしょう。

想定レンジで『決済』が決まり、エントリーで『勝率』が左右されるからです。

 

想定レンジを決める際の、

ラインの引き方や、

エントリーの判断に指標を使うのか、

も決めなければいけません。

 

優位性のあるエントリーや想定レンジの設定は、実際にやってみるのが一番です。

 

いきなりお金を投入するわけにはいきませんので、デモトレードやツールを使うことになります。

つまり、

デモトレードやツールでの練習を積む

という事です。

 

裁量トレードというものはトラリピや積立とは違い、ある程度のスピードが要求されるハズです。

トラリピよりもトレーダー自身の技術が要求されるとも言い換えられます。

 

練習なくして技術の向上はありえません。

 

私が選んだ練習の為のツールは、

ShiftChartMT4(MetaTrader4)で複数のチャートの位置を同期をするインジケータです。検証がしやすくなります。 | GogoJungle

トレードインターセプター

です。

 

さらに気軽に練習するなら、

FXなび

というスマホアプリもあります。

 

 

まりりん
便利なツールがあるんだから使いましょ!

裁量トレードのバックテスト方法

ShiftChartは異なる時間足チャートを同期させるツールです。

MT4に組み込んで使用します。

 

4時間足、1時間足、5分足などのチャートを同時に表示させておいて、

スライダーを操作することで、同時間に各チャートがどのように変動しているかを知ることができます。

便利過ぎますよね!

 

ShiftChartで過去チャートから、想定レンジとエントリーポイントを設定し、

トレードインターセプターで設定に従いトレードした場合のパフォーマンスを調べます。

 

この一連の作業が裁量トレードのバックテストとなります。

 

ポイント

バックテストを行い、結果を検証し、さらにバックテストを繰り返す。

 

このサイクルを繰り返すと、自信を持ってトレードができるようになるハズです。

 

私が手動トラリピ運用で学んだ、トレードで勝つコツは、

・優位性のあるトレードルールを作ること

・トレードルールを厳守すること

この2点です。

 

バックテストを繰り返してトレードルールに対しての自信をつけたなら、

ルールを破って大損をすることもなくなるハズです。

多分・・

 

まりりん
多分なんかーいw

まとめ

お疲れ様でした。

この記事では、裁量トレードで儲けるための準備と練習方法について解説しました。

 

・裁量トレードをするのは短期で儲けたいから

・裁量トレードは労働

・ほとんどが労働しているのに損をする

・手動トラリピよりも利回りが高くないと苦労する理由がない

・単純なルールでも優位性のあるロジックを繰り返せば利益は上がる

・シナリオ実行のためにはトレードルールを決めておく必要がある

・想定レンジで『決済』が決まりエントリーで『勝率』が左右される

・エントリーや想定レンジの設定は実際にやってみるのが一番

・裁量トレードはトレーダー自身の技術が要求される

・練習なくして技術の向上はありえない

・便利なツールで練習しよう

・バックテストを繰り返すと自信を持ってトレードできる

・自信がついたらルールを破って大損することもなくなる

 

以上、こんなところです。

 

今はまだ、コロナショックで下落した通貨ペアも回復してませんし、裁量トレードに資金を割くことは難しいです。

だからこそ、裁量で勝ちたいのなら今のうちに無料ツールで練習をしておくべきだと判断しました。

※ShiftChartは2000円で買いましたが・・

 

思えば、裁量で負け続けていた時はここまで真面目に勝つ方法を考えていませんでした。

それは負けますよね?

勝つ方法を考えてないんだから。(;^ω^)

今、負けている人のほとんどはトレード記録すらつけていないのではないでしょうか?

 

手動トラリピを始めて約4年、ブログを始めて約1年、やっと努力の大切さが理解できました。

どちらが欠けていてもこんなに真剣に考えることはなかったと思います。

ブログを読んでくれる読者のみなさまには感謝しかありません。

 

たとえ裁量トレードで儲からなくても、そのために考えたことは決して無駄にはならないでしょう。

 

それではこの辺で。

どんなトレード手法でも、有効な行動を積み重ねていけば、いつか結果が出ると信じています。

ヒロセ

-初心者向け, 戦略

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5