初心者向け

自動売買と裁量トレード比較|実際に運用してみた感想

https://gyakuehu.com

どうも。

楽に稼ぎたい願望を捨てきれないヒロセです。

 

FXを始めたばかりの初心者さんは、まず裁量トレードをしてみるでしょう。

 

そして、遅かれ早かれ、

『こんなの勝てない』

と打ちのめされます。

 

別に恥じることはありません。

簡単には勝てないと思い知ることは、

勝てるようになるために必要な過程だからです。

 

そうなって『勉強』を本格的に始めた初心者さんは、

FXの『2つの選択肢』に気付くことでしょう。

 

それが、自動売買と裁量トレードです。

ここでまた『どっちがいいのか』悩んでしまいます・・

 

自動で儲かるのがわかっているのなら、誰だってやりますよね。

でも、そんなうまい話があるワケない・・

しかし、裁量じゃ勝てない・・

 

いったいどうしたらいいんでしょうか。

 

選択イメージ

 

ポイント

自動売買と裁量トレードどっちがいいんだろう

それぞれのメリットデメリットは?

なにかいい方法はないのかな・・

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、自動売買と裁量トレードのどちらを選ぶべきなのか、メリットデメリットを踏まえて解説しています。

 

双方の特徴を知って、自分に合った方法を選びましょう。

FXは自己責任です。

自分で納得して運用することが一番大切です。

 

この記事では、裁量トレードを『リアルタイムでチャートを見ながらエントリーする手法』と定義します

 

ヒロセ
今回は自動売買と裁量トレード比較です
手動トラリピはどっちに入るの?
まりりん

ヒロセ
どっちかというと自動ですね~
結構あいまいなのね・・
まりりん

ヒロセ
そこは明確に線引きをしていきますよ~

自動売買と裁量トレード比較

まずは、参考までに私の状況をお知らせしておきます。

 

私は、手動トラリピをメインに運用してきましたが、

最近は、裁量トレードの検証やスキャルピングEAなども始めています。

 

なぜならば、

コロナショックで資金が飛びそうになったからです・・(;´・ω・)ヤバカッタ

 

実績はまだ蓄積していないので、明確にはできませんが、

大体の感覚でいえばこんな感じ。

・手動トラリピ:約300万円運用で月3~5万円の利益、含み損あり

・スキャルピングEA:30万円運用で月1万円の利益、含み損なし

・裁量トレード:10万円運用で月3~8千円の利益、含み損なし

月あたりの利回りで言えば、今のところですが、

手動トラリピ:1~2%

スキャルEA:3%

裁量:3~8%

といった感じです。

 

昔大損した裁量トレードを再開してみた感想は、

『チャートに縛られる』『難しい』『不安定』であり、

余程利回りがよくないと割に合わない

というのが正直なところです。

 

それに対して、スキャルEAの楽チンなことといったら、

全財産を突っ込みたくなるほどです。(*´ω`*)

でも損切りに遭ったらちょっと考えも変わりそうですけどね・・

 

私の状況はこれくらいにして、

自動売買と裁量トレードどっちをすればいいのか、って話をしていきますね。(*´ω`*)

 

結論はこうです。

ポイント

全てやればOK

 

なぜならば、

実際にやらなければ本当のことはわからない

からです。

 

自動売買も裁量トレードもそれぞれ、メリットデメリットがあります。

それを本当の意味で理解するには、実行するのが一番です。

 

実行してみて特徴を知り納得した上で、自分に合った方法を選ぶしかありません。

 

資金に余裕があれば、手法分散がお勧めです。

『利回りは期待できないけど、確実に利益が出る手法』と、

『稼げれば大きいけど、スキルが必要な手法』を組み合わせることで、

お互いのデメリットをカバーすることができます。

 

つまり、

手動トラリピやEAで利益を確保しながら、裁量トレードのスキルを磨く

といったアプローチがベストだと考えます。

 

 

まりりん
とにかくやらなければわかりません

自動売買のメリットデメリット

実行しなければ本当の事はわからないとはいえ、

その前に知っておいた方がいいこともあるので、メリットデメリットとして解説していきます。

 

メリット

・とにかく楽チン

自動売買のメリットはこれに尽きるんではないでしょうか。

資金の状況さえ把握できていれば、準備をするだけで勝手に運用してくれます。

寝ていたって大丈夫です。

 

・時間に縛られない

自動で売買されるので、リアルチャートを見ている必要はありません。

何か作業をする場合でも、自分の好きな時間にすればOKです。

 

・感情が入らない

リアルでポジションを見なければ、余計な感情でトレード結果が影響されることはありません。

信頼のおけるシステムであれば、ストレスもありません。

 

デメリット

・どんな時でも儲けられるワケじゃない

自動売買といっても、万能ではありません。

儲けられない時だってあります。

ですから、使用するシステムをよく理解しておく必要があります。

 

・スキルが成長しない

レートの動きに対して能動的に何かをするわけではありませんから、

当然、レートの動きに対するスキルは成長しません。

成長するのはシステムの稼働方法だけです。

 

・今一つ信用できない

特に、ロジックが不明なシステムでは、損失が出た場合に疑心暗鬼になります。

システムが信じられなくなったら、大切なお金を預けてはおけません。

システムを信用できることが、自動売買の大前提です。

 

例外は、リピート系などのロジックが明確な自動売買です。

手動トラリピであれば、ロジックが明確なうえに手数料は裁量と同じなので、利回りを上げていけます。

 

・初期導入が難しい

慣れてしまえば簡単ですが、MT4にEAを組み込んで稼働させるなどの場合、

初心者では技術的に難しいといったことが挙げられます。

MT4が難しい場合、FX会社が用意したシステムを利用することもできますが、

手数料などが余分にかかる場合がほとんどです。

 

この点も手動トラリピなら、さほど難しいわけではありません。

トラリピ特有の資金管理さえ覚えれば、誰だって運用可能です。

 

ただし、トラリピ最大のデメリットとして、

含み損が前提

ということが挙げられます。

 

特に、逆行が長く続いた場合、

含み損を抱えて自由が利かない

といった事態になりがちです。

 

 

まりりん
MT4とか全くわからない・・

裁量トレードのメリットデメリット

メリット

・普遍的なスキルが得られる

裁量トレードで安定して儲けられるようになると、一生安泰だと言われています。

スキルは普遍的なもので、一旦覚えれば忘れる事はなく、

さらに、状況が変わっても対応が容易いからです。

 

・利回りが期待できる

自動売買は放置できる代わりに、利回りが低い傾向があります。

リスクを分散するためにポジションを分ける必要があるからです。

 

1トレード1ポジションの裁量トレードなら、1トレードのリスクを-2%にしていても、

勝率60%で月のトレード回数が20回とすれば、月利8%となります。

 

かなり盛った利回りに感じますが、

自動売買に比べて、明確な利回りの優位性がないと裁量トレードをする理由はない

といっても差し支えないと思います。

 

デメリット

・チャートに縛られる

裁量トレードの最大のデメリットが、チャートに縛られることです。

トレードチャンスはいつくるかわかりません。

アラームや予約注文を駆使したところで、最終的なエントリー判断はチャートを見ながら行うことになります。

当然、時間もかかるし疲れます。

 

・感情に左右される

チャートをリアルタイムで見ながら判断を行うワケですから、

当然、『不安』『恐怖』といった感情に襲われます。

感情のままトレードをすると間違いなく負けます。

 

・スキルがなければ稼げない

裁量トレードで勝つためには、練習や訓練で培われたスキルが必要です。

スキルがいつ手に入るのかは誰にもわかりません。

 

チャートに縛られ、時間が自由にならない上にスキルがなければ稼げない、

さらに、いつスキルが得られるのかもわからない・・

コレが裁量トレードに挫折する最大の原因です。

 

スキルを得るためには、正しく練習を繰り返すしかありません。

それでも絶対にスキルが得られる保証などはないんです。

 

 

まりりん
労働して稼げない期間がどれくらい続くのかわからない・・

特徴を理解して自分に合った方法を選ぼう

自動売買だろうが、裁量トレードだろうが同じFXです。

自己責任でやるのなら何を選ぼうが自由です。

 

であれば、自分に合った方法が一番いいってことになります。

 

自動売買は楽だけど、スキルは育たないし、利回りも低めです。

裁量トレードはツラいですが、自己成長が見込めるし、利回りも高くなります。

というか、利回りが高くないと裁量トレードを頑張る意味はないんじゃないでしょうか・・

 

ポイント

『仕事などで時間も気力もないけど、FXで儲けたい』

というなら自動売買。

『とにかくしんどくてもいいから、自分自身の力だけで稼いでいきたい』

というなら裁量トレード。

『FXで利益を上げながら、裁量トレードの練習をしてスキルを得たい』

というなら、自動売買をしつつ裁量トレードの練習。

 

こんな感じです。

 

どの方法を選ぶにしろ、一度はやってみることをお勧めします。

実行してしっかりと特徴を理解して選択した方が、満足度の高い運用ができるハズです。

 

まりりん
まずは行動して結果を出しましょう

まとめ

お疲れさまでした。

この記事では、自動売買と裁量トレードのどちらを選ぶべきなのか、メリットデメリットを踏まえて解説しました。

 

・何をすればいいのかわからないなら全てやればOK

・実際にやらなければ本当のことはわからない

・特徴を知り納得した上で自分に合った方法を選ぶ

・資金に余裕があれば手法分散がお勧め

・手動トラリピやEAで利益を確保しながら裁量トレードのスキルを磨く

・システムを信用できることが自動売買の大前提

・明確な利回りの優位性がないと裁量トレードをする理由はない

・裁量トレードに挫折する最大の原因

・チャートに縛られ時間が自由にならない

・スキルが無ければ稼げない

・いつスキルが得られるかわからない

・スキルを得るためには正しく練習を繰り返すしかない

・絶対にスキルが得られる保証などはない

・実行して特徴を理解して選択した方が満足度の高い運用ができる

 

以上、こんなところです。

 

裁量トレードで稼いでいる人は確かにいますが、

その一方で、何年やっても稼げない人だっています。

 

やってもやっても稼げない可能性があるのなら、

保険として自動売買を行うのも全然アリです。

 

なぜならば、

資金がつきるとFXを続けることはできない

からです。

 

FXをやめてしまうとFXで稼ぐことはできません。

 

自動売買は全くのブラックボックスよりも、ロジックが理解できる方がお勧めです。

トラリピはロジックが明確なのがメリットですが、含み損を抱えてやめ時が難しいデメリットもあります。

 

内部ロジックが不明な自動売買でも、長期バックテスト結果などを参照すると、

『どういった相場に弱いのか』

がなんとなくでもわかるハズです。

そうした特徴を踏まえて運用することで、比較的自信を持って運用することができます。

 

どんな手法であれ、儲けられるのならそれは正しい手法です。

『自動売買があれば裁量などいらない』

『裁量トレードこそが至高!自動売買なんかクソ』

『損切りしない手法なんてあり得ない』

なんて考えはナンセンスです。

 

自ら可能性をつぶすのはやめましょう。

柔軟な思考でデメリットを補い合って、賢く儲けていければそれでいいじゃないですか。

 

それではまた。

FXの本質だけは見失わないように、あなたに合った手法を選んで組み合わせてください。

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-初心者向け

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5