戦略

FXの売買シグナル検証|リアルトレードのシミュレーション

https://gyakuehu.com

どうも。

とにかくチャート監視をしたくないヒロセです。

 

FXで『売買シグナル』というと胡散臭い感じがすると思います。

なぜならば、

『儲かってる俺様が売買タイミングを教えるから金払え』

なんて(怪しい)人が大勢いるからです。

 

誤解のないように言っておきますが、売買シグナル自体はなにも悪くはありません。

『それ』を利用して、他人から金を巻き上げようとすることが悪いんです。

 

仮に、優良な業者であっても、売買シグナルを自分以外のモノに頼るのは危険です。

 

じゃどうしたらいいのか?

 

自分でツールを用意して、過去検証(バックテスト)して納得した上で、

トレードの助けとして利用するなら、全然アリです!d(´ω`*)

 

浮かれイメージ

 

ポイント

エントリーポイントがわからない

チャートを見ている暇がない

何かいい方法があれば知りたい

このような悩みにお答えします。

 

この記事では、ツールの売買シグナルに従ったリアルトレード方法を解説します。

 

ツールはMT4で無料で使えるインジケーターを使用します。

そんなに特殊なツールではありませんし、同じようなツールはいくらでもあるので、気に入ったモノを使用していただければいいと思います。

 

ただし、売買シグナルはエントリーポイントのみに示されます。

 

有効活用するには、トレードルールを明確に決め、

過去検証で、効果を自分自身で確かめてから使用することが大切です。

 

 

ヒロセ
今回はシグナルの通りにリアルトレードする方法です
いくら効果があっても実際に使えなかったら意味ないもんね
まりりん

ヒロセ
トレビューの連携機能を使えば、チャートから素早く発注できますよ
これでガッポリ儲かるわけね♪
まりりん

ヒロセ
だからガッポリとかいわないように・・

FXの売買シグナル検証

今回の検証に使うインジケーターはこちら。

Double Top & Bottom Patterns

 

ダブルトップ、ボトムと売買シグナルをチャート上に表示してくれるインジケーターです。

 

シグナルは、

・買いだと上矢印

・売だと下矢印

で表示されます。

 

シグナルに従ってエントリーし、トレードルールに従って決済をします。

 

リアルトレードで、シグナルのタイミング通りにエントリーするためには、それなりに工夫が必要です。

時間が経てば経つほど、レートはシグナルから離れていってしまうからです。

 

シグナルが出てからスグに発注できれば、

過去検証に近い成績が、リアルトレードでも期待できるハズです。

 

過去の疑似トレードで、ある程度の勝率を確信しているのなら、

あとは淡々と繰り返すだけです。

 

 

まりりん
ルールがちゃんとしてれば繰り返すだけで楽チン

トレードルール

今回の検証で行うトレードルールは次の通りです。

 

エントリー

エントリールール

シグナルに従って売りエントリーを行う場合です。

 

チャート上に売りシグナルが出たら、問答無用で売りエントリーします。

損切りは直近高値、利確は損切りと同じ幅でラインを引いておきます。

これで、損益率は『1』になります。

 

決済

決済

エントリーして決済のラインを引いたら、ローソク足を進めます。

ヒゲを含めたローソク足が、どちらかの決済ラインに届いたら決済します。

今回は+30.1pipsとなっています。

 

この疑似トレードを、

・計7通貨ペア

・各ローソク足1万本

に対して行い、テストデータを取得しました。

1万本のローソク足がないチャートはあるだけおこなっています。

 

※チャートは全ての通貨ペアで15分足、スプレッドは1pipsです。

 

まりりん
この作業を延々繰り返します・・ヒロセがw

検証結果

今回は『損益率』と『1回あたりの損益額』を固定してリアルトレードを行う前提なので、

過去検証は『勝率』のみに注目します。

USDJPY

ドル円

勝率:66.7%

EURJPY

ユーロ円

勝率:66.7%

GBPJPY

ポンド円

勝率:78.3%

AUDJPY

豪ドル円

勝率:73.4%

EURUSD

ユーロドル

勝率:66.2%

GBPUSD

ポンドドル

勝率:81.4%

AUDUSD

豪ドル米ドル

勝率:71.4%

 

まりりん
勝率すごくいいよね~

リアルトレードのシミュレーション

470回に及ぶ疑似トレードの結果、7通り全ての通貨ペアで、

勝率66%以上というデータが取れました。

 

売買シグナルを使用する優位性は明らかです。

 

  勝率
USDJPY 66.7
EURJPY 66.7
GBPJPY 78.3
AUDJPY 73.4
EURUSD 66.2
GBPUSD 81.4
AUDUSD 71.4

 

あとは、シグナル発信を素早く察知して、できるだけ早く注文をすればいいワケです。

 

まりりん
どうやって発注するががカギです

アラート機能でシグナルを知らせる

今回のDouble Top & Bottom Patternsには、シグナル発信時のアラート機能が備わっています。

アラート機能

カスタムインジケーター画面から、アラートを設定しておくとシグナルを見落とす危険が少なくなります。

 

 

まりりん
インジケーターにアラート機能がついてます!

リスクリワード測定ツールを使用する

通知を受け取ったら、TradingViewのリスクリワード測定ツールで、

チャート上から視覚的に発注詳細が作れます。

 

買いエントリー例

リスクリワード測定ツール

買いシグナル点灯で、TradingViewを開いたら、

左メニューから、『リスクリワード測定ツール』ロングポジションをチャートに適用します。

 

適用したら、エントリーを現レートに、損切りを直近安値に目視で合わせます。

 

設定

設定画面利確幅調整

測定ツールを右クリックし、『設定』を開きます。

 

『利益水準』のティックを『ストップ水準』の表示と合わせます。

変更したら『OK』をクリック。

 

これで損益率は『1』になります。

 

今回は資金額20万円、トレード1回の損益額は3%としています。

 

設定完了

注文設定完了

これで損益率『1』、損益額『3%』での発注設定ができました。

数量は、資金額と決済幅と許容リスクで『自動的』に決定されます。

便利ですよね~d(´ω`*)

 

 

まりりん
最適なロットが自動計算されるのが便利過ぎ!

TradingViewから直接発注

発注設定ができれば、そのまま発注できます。

設定を確認したら、もう一度ツール上で右クリック。

 

注文作成

指値注文作成

右クリックメニューから、

『指値注文を作成』をクリック。

設定内容

測定ツールの表示通りの発注内容が、既に記入されています。

入金はしていませんので、%リスクは0と表示されています。

成行エントリー

発注画面の上部、『指値』を『成行』に変更すると、

成行エントリーOCO決済の注文ができます。

 

測定ツールを適用してから時間が経っているので、

利確額と損切り額が少しズレています。

 

『GBP/JPYを成行で29850買い』をクリックすると発注されます。

 

 

まりりん
めっちゃ便利!

自分で検証するから意味がある

いくら売買シグナルがあっても、

それに従って運用した結果どうなるのか?

がわからなければ、自信を持って運用できませんよね。

 

だからこそ、検証が大事なんです。

 

つまり、

シグナルだけでは役に立ちません。

 

ぶっちゃけていうと、FXの答えなんて勝つか負けるかの2通りだけです。

優位性のあるエントリールールなんていくらでもあるワケです。

 

100%勝てるルールがない以上、連敗を食らう事は普通にあります。

 

そうなった時に、自分の手法に自信が持てなかったら、

『あ、これダメだ』

ってなっちゃいますよね?



エントリーの合図をツールに頼るのなら、

ツールの信頼性をしっかり確かめないといけません。

 

こればっかりは、自分自身の手で責任を持って行うしかないんです。

 

 

まりりん
バックテストが大事です

まとめ

お疲れさまでした。

この記事では、ツールの売買シグナルに従ったリアルトレード方法を解説しました。

 

ツールが発信する『シグナル』と、『トレードルール』に従って正確にトレードすると、

バックテストに近い成績を上げることができるハズです。

 

TradingViewの測定ツールから直接注文するメリットは、

損益額が、設定した額に統一されることです。

 

こんなことをいちいち計算していたら、エントリータイミングを逃してしまいますよね・・

損益額がわかっているなら、勝率からトータルの想定利回りが計算できます。

 

どれくらい儲かるのかが、事前にある程度わかるのでモチベーションだって保てます。

 

今回、解説した方法だと、アラートを確認してから発注まで数分で可能です。

決済OCOなので、発注したら決済まで放置でOKです。

 

エントリーはシグナルの通り。

決済は発注時に決めておく。

これで感情の入り込む余地はありませんよね。

 

あとはバックテストの結果を信じて、ただ繰り返していけばいいだけです。

 

それではこの辺で。

売買シグナル配信とか怪しい情報に頼らなくても、自分で作れることを覚えておいてくださいね。

ヒロセ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒロセ

どうも!管理人のヒロセです。

FX初心者やこれまで勝てなかった人向けに、考え方や具体的方法を発信しています。

勝てない時代、株を始めFXなどで約2000万円を溶かしました・・

手動トラリピに覚醒してのち、5年間以上収支プラスでFX運用をしています。

昔やられた裁量トレードにも再挑戦を始めました。

このブログではその為の手法、考え方をあますところなくシェアします。

詳しいプロフィールはこちらまで

-戦略

© 2020 逆転FX!! Powered by AFFINGER5